FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 小説・本全般

御粗末ですが

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] 伊周 2014/10/16 20:00 hx/CvknBle8

御粗末ですが読んでくれると嬉しい。
感想とかもらえるともうめっちゃ。

208件のコメント 159番から208番を表示中

最初から 前の100件 全部 最新20件 dat viwedatをダウンロード
[162] 伊周 2015/02/02 06:16 cm/CvknBle8

thanks。自分はmasochistではないが、そういうことを言ってもらえるのは、甘々な中でわりかし ちやほやされて過ごしてきた自分にはとても大切な言葉だ。今は提出物やらテストやらで忙しいが、これからもネット上に小説を投下させてもらおうと思う。いつか、センスがないなら技術ででも…人に読んでもらえるものが残せるように頑張るよ。
だから、もし。こんな御粗末な文章しか書けない、センスの欠片もない、無能塵糞野郎に付き合って下さる方が居りましたら…また、小説書くので感想宜しく御願いします。

[163] 伊周 2015/02/02 06:25 cm/CvknBle8

今まで読んで下さった皆さん、これを読んでいる皆さん、これからも読んで下さる皆さん。ありがとうございました(ありがとうございます)。

[164] せんだみつお 2015/02/02 06:44 ザ-000,008,131号

貴方に最大の賛辞を贈りたい

[165] せんだみつお 2015/02/02 06:50 ザ-000,008,131号

こう来るとは全く予想していなかったので何を書いていいのかワカラナイアタマぐるぐる
せんだみつおの負けナハナハ
伊周の勝ち

改めて謝罪に参ります
伊周先生

[166] せんだみつお 2015/02/02 06:59 ザ-000,008,131号

伊周先生
私は貴方の描く世界がとても好きです
私にはとても量れない世界を貴方は容易く掌の上に魅せてくれる
素人が生意気言ってすみませんでした

さようならナハナハせんだみつお

[167] せんだみつお 2015/02/02 07:03 ザ-000,008,131号

ただひとつだけ

ここに長居すると絶対仕返しされるからもう来ない(^^)/WWW
否定的なカキコミは全て撤回&謝罪&逃避ナハナハ

せんだみつお

[168] せんだみつお 2015/02/02 07:08 ザ-000,008,131号

読むのは読む。

待ってる今はさようならナハナハせんだみつお

[169] 伊周 2015/02/03 22:34 cm/CvknBle8

せんだみつお様、改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
是非、また書き込みして下さい。よろしくお願いします。僕には沢山の意見が必要です。
褒めてもらえると勿論嬉しいです。(凄く、凄く)ですが、それだけでは自惚れてしまう弱い人間です。つまらないモノは「つまんねぇんだよ、屑」と、わけ分からない(分かり難い)モノは「何言ってっか分かんねぇんだよ、糞」と。はっきり言ってもらえなければ僕は成長できません。文才も、センスも、技術も。
僕の世界が好きだと言ってくれたせんださんは僕にとってとても貴重な人です。どうか、これからも…気が向いたときでいいので率直な、素直な意見を聞かせて下さい。

[170] 伊周 2015/02/05 15:49 cm/CvknBle8

新話書き中。出来次第投下させて頂きます。部類的には多分、ファンタジー需要はありますか?

[171] 伊周 2015/02/12 17:49 cm/CvknBle8

需要なさげかな?まぁ、まだ完結出来ていないのでうp出来ないですけど…。

[172] チョン死ね 2015/02/14 01:05 7P/4v8JLbk6

ある

[173] チョン死ね 2015/02/14 01:06 7P/4v8JLbk6

と書かんでもどうせ載せるんやろ?w

[174] 伊周 2015/02/14 11:10 cm/CvknBle8

>>172,173

まぁ、誰も見ていないなら載せても仕様がないので…

[175] 伊周 2015/02/14 11:10 cm/CvknBle8

>>172
ありがとうございます。出来るだけ早く載せられるように頑張ります。

[176] せんだみつお 2015/02/14 13:45 ザ-000,008,131号

もうこれ以上は待てん!

[177] せんだみつお 2015/02/14 13:46 ザ-000,008,131号

ここは諦めてのいちご行くは( ̄ー ̄)

せんだ

[178] 伊周 2015/02/14 14:48 cm/CvknBle8

>>176
すみません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私がはじめて彼を見たとき、
“見つけた”
と思った。まるでかくれんぼをしていたみたいに。
彼は白い病室から茫然と空を見ていた。私はふわりとそこに舞い降りて、首に手を回してその頭を柔らかく抱いた。彼は私に気づかないけど、それはもう慣れっこだった。
だって、私は天使だから。
大地を踏みしめることのできない足。空を飛んでいるのに見えない翼。だけど、私は天使だから。あなたを幸せにする、おまじない。
私はずっと彼の傍に居た。彼は私を見透かした青い空を見ていた。
「ねぇ、どうして…?」
彼は時々、そう言った。そのあとは決まって、嗚咽を殺して泣いた。私は決まって、何も出来ずにそこに立っていた。私は天使。だけど、彼に触れることも、声をかけることも出来ない。天使だから。
私は時々、泣きたくなった。何も出来ないから。私はアロマキャンドル。幸せを香わせるだけで、何も出来ない。それでも、彼の傍に居たかった。

「君は悪魔だ。」
病室に来る黒い男の子が私に言った。
「君は天使なんかじゃないよ。」
その男の子には白い翼が生えていた。
「君は幸せなんかじゃないよ。」
男の子は何度も言った。まるで私を憐れんでいるようなその瞳が、私を呑み込んでいた。

「○○さん⁈○○さん‼︎」
彼の名前は聞き取れない。白い服を着た人たちが彼を横たわらせたまま、ストレッチャーで手術室と書かれた部屋に運ぶ。彼は呼吸すら荒いものの、なんとか意識はあるようで、ぼんやりと宙を見ていた。
「××…。」
彼は何か呟いたけど、私には聞こえなかった。だけど、私は泣いていた。
「どう…して……?」
私は天使なのに。
男の子の言葉が頭を過る。
「私の…所為……なの?」
『君は天使なんかじゃないよ』
私は…何……?

[179] 伊周 2015/02/14 14:49 cm/CvknBle8

予定していた世界滅亡系の作品製作中、書きたくなったので…自由ですみません、少し続きます

[180] 伊周 2015/02/14 15:13 cm/CvknBle8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここは何処?暗い。寒い。何も見えない。私は誰?
“それはわからない”
誰…?
“僕にもわからない”
誰……?
“それは君が見つけることだから”
私は………
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久々の夢。気がつくと彼はいつも通りのベッドに横たわって、眠っていた。呼吸音だけが聴こえる病室。心拍数を計測する機械音なんて私の耳に入らなかった。
「○○…」
私は彼の名を呼んでいた。私は彼の名を知っていた。
触れることはできないことは分かっているのに、彼の頰に手を伸ばさずにはいられなかった。こんなにも、彼を愛していたから。
私は、思い出してしまった。……何もかも。

『××っ‼︎』
不意に過ぎった、“あのとき”の記憶。私は………

鍵はもう、私の手の中。あとは鍵穴に入れて回すだけ。私はゆっくりと、しっかりと。彼の姿を目に焼き付ける。
そして頰に手を添えたまま、そっと。彼と、唇を重ねた。

[181] 伊周 2015/02/14 15:14 cm/CvknBle8

数秒後、生前の恋人から名残惜しくも唇を離し涙を堪えた。
「××……」
瞬間、彼は譫言にも私の名を呼んだ。私の体が光に包まれる。二度目の最期は一度目ほど驚きも、恐怖も感じなかった。
「愛してるわ、○○……どうか、幸せになって」
一度目に言い損ねたことと
「良い天使と巡り合って…」
私の想いを。

あぁ、もし。私が本当にあなたの天使だったなら……

雲の間からお日様が小さな背中をを照らし、彼女はまるで光り輝く羽根を持った天使のように見えた。

[182] 伊周 2015/02/14 15:16 cm/CvknBle8

終わり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お待たせしてしまっている皆様、誠に申し訳御座いませんが、もうしばらくお待ちください(泣

[183] 伊周 2015/02/15 08:02 cm/CvknBle8

同じ曲をリピートしているような日々に飽き飽きしていたというのは嘘ではない。しかし、改変を望んでいるわけでもないのは本当だった。つまり、ぼくは何もかも、変化さえもが煩わしく。面倒になった。全ての出来事に先等無い。別段望んでもいない。望みもない。希望もない。絶望もしていない。もう、わけがわからない。ぼくが、ぼくですら、ぼく自身のことがわからない。過去のことなら尚更。未来のことならもっと。今のことなんかちんぷんかんぷんだ。だけど、人はよく「分かる」と言う言葉を使いたがる。異人に対しては特に。困難なことを成し遂げている自分に浸り、ぼくみたいな孤立した人間に優しくすることで優越を得る。
「私もそう思う」
「なんとなく…わかるかも」
「その気持ち、わかるよ」
大嫌いだ。
ぼく自身ですら理解できないぼくのことをどうして他人が理解できる?ぼく自身ですら困惑しているものにどうして君が結論をだせる?ぼくはイレギュラーの存在だ。周りとの違いに優越を得ているわけではない。寧ろ呪っている。しかし、みんながイレギュラーだ。誰も個々のことは理解できない。自分ですら理解できない感情なんて誰にでもあるのだから。
だから、ぼくは他人にわかった口を聞かれるのが嫌いだ。だけど、誰にも理解されないことは苦痛だ。同じ星に生きているから。
きっと、そんな僕を不快に思う人も、理解できない人も。同調できる人もいるだろう。それが世界だ。ぼくはずっと周りと違うことを誇りに思ってきたけど、それは間違いだった。ぼくと同じ人間はいないとしても、ぼくの代わりが全くいないと言ったらそれは違う。元々、偶然で巡り合った居場所。簡単に壊れてしまう、窮屈な場所。息の仕方を忘れずに居られるのはここに空気があるからじゃなくて息をさせてくれる人がいるからなんだ。

[184] 伊周 2015/02/15 08:10 cm/CvknBle8

Es tut mir leid halbwegs. Erlauben Sie bitte bitte das plötzliche Verlassen. Vielen Dank für meinen schlechten Verstand zu haben, gehen zusammen bis jetzt. Ich kann zum BBS in der Zukunft nicht kommen. Es tut mir sehr leid.

[185] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2015/02/16 19:23 cm/CvknBle8

訳:中途半端でごめんなさい。突然の退室をどうかお許しください。今後、BBSに顔を出すことはありません。今まで御粗末な僕の脳みそにお付き合い頂きありがとうございました。

[187] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2015/02/17 16:51 cm/CvknBle8

>>186

[191] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2015/02/18 03:29 cm/CvknBle8

>>188
>>190
⁇⁉︎
ちょ、な、何?なんで⁇なんでそうなるんだ⁉︎

[197] 名も無き伊周@ザ掲示板 2015/02/18 05:12 cm/CvknBle8

>>196
好いてくれるのは勿論、嬉しいけど…
ボクと疑似恋愛したいってなんで…?ボクのレスの中に優しさ、可愛さ、知的さを感じるようなものないだろ…。
まず、ボクのこと何も(…性別ですら)知らないのに……。疑似恋愛とはそういうものなのですか?
ボクは疑似恋愛未経験なので全然楽しくないでしょうし、無礼なことをするかも知れません。
多数に疑似恋愛を申し込まれた場合の対処も存じておりません。
擬似とは言え恋愛ならば、その相手は1人に絞るべきと心得ますがボクには相手を選ぶ為のカードも御座いません。

[198] 名も無き伊周@ザ掲示板 2015/02/18 05:15 cm/CvknBle8

つまり、貴方方の疑似恋愛に対する思想(考え方)を御教え願いたいのです

[199] 名も無き伊周@ザ掲示板 2015/02/18 20:55 TM/CvknBle8

いいよ。

[200] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2015/02/20 16:27 cm/CvknBle8

では、これにて失礼させて頂きます

[201] 残塁 2015/02/20 17:50 ザ-000,009,227号

イシュウさんはじめまして( ´∀`)
全部読みました!もっと読みたいです

[202] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2015/02/20 20:46 cm/CvknBle8

コレチカです。

[203] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2015/02/20 20:47 cm/CvknBle8

イシュウではないです。

[204] 残塁 2015/02/20 23:31 ザ-000,009,227号

これは失礼しました(笑)
もっと読みたいです( ´∀`)

[205] 一氷 2015/02/20 23:56 5v/at4Losyd

伊周さんの作品の雰囲気、何方か簡潔に御教え下さらないでしょうか。

[206] ミスリル 2015/02/21 00:05 ザ-000,009,243号

暗黒パズルFairy tale

[207] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2015/02/21 19:49 cm/CvknBle8

@korechika
byTwitter

[208] オマエ 2015/09/15 14:13 ザ-000,014,215号

(^◇^)

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】