FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 小説・本全般

書いてみたょ...φ(๑•ω•๑`)カキカキ♬

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] ばんしー 2015/02/15 11:47 g3/jhm1Yx21

少しでもヒマつぶしなればいっかなて
書きはじめました(;・д・)💦

良かったら読んでねw
かんそーとかも聞かせてね(・ω<)☆

http://thebbs.fc2.com/thread/342803 】\_(・ω・`)かんそーはココ!
(´・ω・)ノ★*゚*ヨロシクデス*゚*☆

6件のコメント 1番から6番を表示中

dat viwedatをダウンロード
[1] ばんしー 2015/02/15 11:48 g3/jhm1Yx21



《ニュルンベルクに生息する野性のツキノワグマは、赤血球が長くて「ショティクザーッ!」と鳴くが、ケルトの言葉で「殺人遊戯」という意味の単語と同じ発音だ。》

お気に入りのカントリーで
目覚めた冬の朝。
「……ハラが減った…な。」

俺は偏食家だ。
うどんスープを食べないことなど朝飯前だ。
おでんライスを食べないことなど朝飯前だ。
立ち食いわんこパスタを食べないことなど朝飯前だ。
そんな俺はいつものように
行きつけのお好み焼きの店《南米料理専門店−狩人−》へ行くことにした。

俺は狩人へと向う途中
ふと姪っ子の事を思い出していた。

姪っ子の職業は元諜報部員である。
お笑い芸人をかぐわしくする担当だ。
「ねぇ、オジちゃん。
このピザ屋はマグロの刺し身を置いてないのよ。
ピザ屋としてふさわしくないわよね?」

「そうなのか、なら別のところを
探さなきゃな。」

「どうしてこの街のピザ屋には
マグロの刺し身が置いてないのかしら。」

「そうだな、何故だろうな…〜」

あの時、俺は姪に何とこたえただろうか。
思い出そうとしても、思い出せない。
姪は俺によくにていた。

道すがら幾人かの顔みしりに自暴自棄な
挨拶をし、お目当ての店へと歩いた。

ガン、ガシャガシャ、ギ…ギギ、ガガガ
ガコガシャ、ガコガシャガシャ、ガラララ
狩人の入口はたてつけが悪い。

《南米料理専門店−狩人−》は
カウターのみの趣のある店だ。

仕込み中の店主が営業前の来店者を
確認するためか、俺を一瞥した。

[2] ばんしー 2015/02/15 11:48 g3/jhm1Yx21



「……いらっしゃい。」
カウターの向かい側の厨房から店主が
ボソっと告げた。

俺はイスを一つ引くとそこに腰かけた。
「モーニング」

店主は俺の注文に仕込みの作業を中断し
別の作業に取りかかった。
「………」

薄暗い店内では静かな音量でラジオが流れている。
《朝起きると調教師になっていた。と
意味不明な供述を繰り返しているもよう…〜》

俺はラジオを聞き流し、新聞を広げた。
−トノサマガエルはペットショップに通う!−

−アノ、将軍様の家には専用の劇場がある!−

−逆ギレか?!強くないアナーキストの強気な言い訳!−

世間は今日も平和なようだ。

「どうだい?最近、景気は?」
手持ちぶさたで、店主に声をかけた。

「annoying.do not bother.」
……?どうやら、邪魔をするなと
云うことらしい。
調理中は修行時代を思い出すようでいつもこうだ。

俺は興味のなくなった新聞へ、目を戻した。

[3] ばんしー 2015/02/17 23:35 g3/jhm1Yx21



《被害者のタクシー運転手は「奈良で武将を片付けるな!」と言い残していた事がわかりました。》
ラジオと調理中の音が店内を充たしていた。

《カッカッカッ、カッカッカッ》金属のぶつかりあう音に、俺は目を上げた。
店主は小さな器にはいったお好みの生地を
リズミカルにかき混ぜているところだった。

「何時もながら、たいしたもんだ。」
世辞を抜きで俺は言った。

「………………」

店主は俺の言葉に応えることなく、調理を続けた、いったん生地の入った器を傍らに置くと
鉄板に手をかざした。

いつの間にか鉄板には火がはいっていたらしい。店主は鉄板に油をひいた。
ジュッジュー、ジッジュジュ、ジー

蒸気がたち、ソースの焦げるにおいも立ち拡がる。
焼きあがったお好みが目の前に出された。

店主はまだ手を動かしていた。
洒落たガラスの器に白いクリームを山のように盛った、そこに黒いソースをかける。

「モーニングお待ち。」
クリーム山盛りの器を差し出してきた。

寝起きの頭には糖分が必要だ。
俺はこの時のために生きている、と言っても
言いすぎではないだろう。

旨い……。
医者には止められているが、コレばかりは
やめられない。

代金を支払い俺は店を後にした。

[4] るい 2015/03/13 11:26 ML/dktLwPVn

ばんしさん、すごいねえ。
小説感動しました。また、色々書いて下さい。

[5] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2015/03/22 03:32 bv/K7nVRE6M

ㄱㅈㅅㄷ그긔ㅡ

[6] 義夫 2015/09/15 14:18 ザ-000,014,215号

(^◇^)

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】