FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 小説・本全般

透明人間=インビジブルマン=

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] ペケポン 2007/06/13 06:33

日本を舞台にした透明人間のリレー小説をしましょう。

7件のコメント 1番から7番を表示中

dat viwedatをダウンロード
[1] 2007/06/15 07:33

【透明人間!現る】の巻

[2] 振ると面食らう 2007/07/04 20:22

毎日の何気ない朝であった。
毎日のように牛乳受けを開け、牛乳を取り出すと手紙と変わった瓶が入っていた。
「本日牛乳の宅配が遅れました。非常に申し訳ありません。お詫びの印に粗品を進呈いたします。当社の新商品であります。どうぞお試しください。 黒田屋牛乳」

ほう、宅配が遅れたのか、気付かなかったが、いいものをもらった。さっそく試してみよう。
俺は毎日玄関先で牛乳を飲む事にしている。
瓶を家に持って入ると、牛乳受けに戻すのが面倒臭いからだ。
だから玄関先で牛乳を飲んだ後、その新商品とやらを飲んでみた。

[3] 迷駄文家5 2007/07/14 18:57

(まずい……)
 思わず顔を歪めてしまう。苦くて少ししょっぱい味が舌にまとわりついて中々離れない。何気なく飲んでしま
ったのは色が牛乳と一緒だったからだろうか。
 その新商品の入っている瓶には、ラベル等が一切ついていない。一体何が入っているのか、毒でも入っている
んじゃないか。等と考えると不安と怒りがこみ上げてくるが後の祭りだ。
 兎も角も俺は、不安を早く解消させるためにも牛乳屋に電話をする事にした。

[4] めからびーむ 2007/08/14 11:18

受話器をとろうとしたが、手が動かない。どうしたんだ、と思ったが
体に異常は何も感じない。左手で右手をさわろうとしたが、左手も動かない。いや、動いている感覚はあるのだが、手が視界に入ってこないのだ。俺は自分の体を見ようとした。なんと、体が無くなっている。俺と床をつなぐものが、なにも無いのだ。俺は宙に浮いているのだ。「しまった、さっき飲んだのは、やはり毒で、俺は死んでしまったのだ、これが幽体離脱というものなのか?」しかし、それなら俺
の死体が、どこかに転がっていなければならない。そんなものはどこにもない。いや、俺のはいていたパンツだけはある。それも宙に浮いている。俺と床の間に、内容物もないのにふくらんだ形で浮いている。霊魂だけになってしまったにしては、漂流感がない。俺の目のカメラアングルが生きているときと同じではないか。
第一、足の裏から伝わってくる自分の体重を支える感覚はそのままなのだ。俺は感覚だけで動いてみた。目が見えているのに、目を瞑って歩いているような、変な気分だった。そして、ともかく鏡の前に立った。何も映っていない。俺がいない。俺がこの世から消えてしまった。パンツだけが俺の名代として浮いている。鏡を触るつもりで手の感覚に命令した。その通り、鏡に触った感覚があり、指紋がついた。

[5] 大河原 2007/08/19 13:02

………まさか俺は透明人間になってしまったのか?
あり得ない、まずそんなことが起きるはずがない。でもそれしか説明がつかない。
試しに感覚に任せて長袖長ズボンそして帽子と手袋をつけてみた。
ああ、やっぱり顔だけがない。しかもこの光景、かなり前のテレビドラマで見たことあるな………しかもそのドラマの名前『透明人間』、もう間違いないな。
今度は服もパンツも全部脱いでみた。やっぱり何も見えない。
「俺は透明人間だ!」この時自分の体に起こった全てを悟った。
そしてこれが後に『流浪人』と呼ばれる犯罪者の誕生の瞬間であった…………

[6] 大河原 2007/08/23 16:18

誰か続き書いてくれないかなぁw

[7] 似非右翼オビツ 2019/11/18 21:52 v2/yQU0V8qj

舟橋市中山

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】