FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 学校生活・学問

哲学の「て」の字

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] 般若湯 2008/08/27 00:20

「ここはどこ?わたしはだれ?」

562件のコメント 513番から562番を表示中

最初から 前の100件 全部 最新20件 dat viwedatをダウンロード
[513] タンチョウ 2020/08/15 16:27 4i/2daRflbX

地下水さんは流行りの嘘知識にだまされていませんか?

[515] タンチョウ 2020/08/17 18:55 4i/2daRflbX

頭をひねり・頭を働かせ・

その後は頭を冷やさなければならない・・

[516] タンチョウ 2020/08/21 18:48 dR/2daRflbX

理念としての全体は統一されつつ統一を超越する。

[517] タンチョウ 2020/08/23 19:08 dR/2daRflbX

汝自身を知れ≒身の程を知れ=身の丈を知れ

[518] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2020/08/23 23:33 dR/TteqzmwN

>>513
タンチョウはアホ過ぎる。話にならん。

[519] タンチョウ 2020/08/24 15:46 dR/2daRflbX

地下水さんはどうやら名前を失われたようでございます・・

私を見ないで私が指している方向をご覧くださいませ・・

[520] タンチョウ 2020/08/25 18:40 dR/2daRflbX

念は、心所(心のはたらき)の名であり、かつて経験したことを明らかに記憶して忘れないことを意味する。

念とは一瞬の永遠・・心中深くかみしめる・・

[521] タンチョウ 2020/08/26 19:21 dR/2daRflbX

最近事故物件怪談話が多くなりました・・私でさえ心霊写真も持っています。お墓の側に住んでいたこともあります・・霊を信じるほどの怪奇現象がきっと多くの人が経験すると思います・・

[522] タンチョウ 2020/08/28 16:28 dR/2daRflbX

哲学で霊性が無いなら形而上学を語ることが出来ない・・

[523] タンチョウ 2020/09/13 16:33 b4/GAGilXIy

死が死と一体化して生となる時のみ意識が実存となる・・

死んで後意識となる実存にならずに、深淵の深みに崩落しないように・・実存開明があります・・

[524] タンチョウ 2020/09/16 16:00 b4/GAGilXIy

カントがしたように主観ー客観関係を本当に把握するために一切の対象性を乗り越えようとする試みが重要である。

真の超越する働きは境界であり対象概念ではない・・

対象的になるということの本質は全ての形而上学にとって邪道に陥る危険性が潜む・・

超越するという事は一般意識では無くそこへ移動していく運動であり境界である。

[525] タンチョウ 2020/09/18 17:19 b4/GAGilXIy

哲学の方法は何通りかあります・・

正反合が基礎・・

[526] タンチョウ 2020/09/23 20:07 yk/GAGilXIy

一断片からアウフヘーベンを繰り返して全体像を想像する・・(ヘーゲル)

[527] タンチョウ 2020/09/24 19:16 yk/GAGilXIy

論理の世界も様々・・

ユークリッド幾何学の世界と非ユークリッドの世界と・・

[528] 地下水 2020/09/24 19:39 yk/wAoYp2on

>>527
違うわい。

幾何学は厳密で代数幾何も解析幾何も成り立つし、パソコン上でも二値論理に従って厳密に書ける。

正反合なんちゅー荒っぽいもんは、論理でも何でもない、当てずっぽうの、どんぶり勘定じゃ。厳密な論理とは別物や。正反合なんて、人によって結果が全然違うわい。合意もへたくれもあるもんか。

[529] タンチョウ 2020/09/24 20:55 yk/GAGilXIy

>>528

非ユークリッド幾何学

x2+y2-z2=-1( z>0)で定義される二葉双曲面上の幾何も主要なものです。この二葉双曲面上では、平行線を無数に引くことができます。また、三角形の内角の和は180度より小さくなり、三角形のかたちによっては内角の和を限りなく0 度に近づけることもできます。

地下水さんの幾何学は三角形の和が必ず180度でしょう・・

[530] 地下水 2020/09/24 22:05 yk/wAoYp2on

>>529
誤魔化すな。

論点は、ロバチェフスキー空間であっても、リーマンの空間であっても、厳密に二値論理でシミュレートできるし、代数幾何も解析幾何も書けるという事だ。非ユークリッドだろうが厳密だ。次元を上げた曲面上の幾何学だと考えれば何の不思議も無い。

それに対して、正反合だと。バカにするのもいい加減にしろ。

[531] タンチョウ 2020/09/24 23:06 yk/GAGilXIy

ラッセル『哲学入門』抜粋・・昭和39年版

以前には経験はただ一種類の空間を論理に委ね論理はこの一種類のものが不可能なことを証明したように見えました。今では論理は多くの種類の空間が経験から離れて可能な事を示し経験はただ部分的にそれらの間に決着を付けます。

わたしたちの現実の空間が厳密にユークリッド的か、それとも他の種類の一つのものものかを観察によって見出すことは不可能です。

[532] 地下水 2020/09/25 00:24 yk/wAoYp2on

>>531
実際に数式を展開して感じなさいね。

慣性系の相対論の時間の遅れや、空間の縮みや、質量の増加や、エネルギーの式が半円になる事から、どういう空間か体感できますよ。
加速度系の相対論からは、重力場が体感できますね。

量子論のボーアモデルの光子を受け取り電子軌道が上がり、光子を出して電子軌道が下がる様子はどうですか。
ラゲールの式から立体電子軌道が出ますよ。
計算したら体感できますよ。

電子のスピンとかゼーマン効果とか。
陽子と中性子の間を行き交う中間子とか。

目に見えない重力とか。
目に見えない電磁波とか。
計算したら体感できますよ。

[533] 地下水 2020/09/25 00:25 yk/wAoYp2on

>>531

レーザーとか、半導体中のフォノンモードとかフォトンモードとか。
超流動とか、超伝導のクーパー対のフォノン共鳴とか、核磁気共鳴とか、ラドン変換による画像合成とか。

量子もつれとか、量子テレポーテーションとか。ショアのアルゴリズムとか。

シェーファーの公準によるRAMの構成とか。
計算したら体感できますよ。

結び目と物理とか、ジョーンズ多項式とか、ポッツ模型によるキュリーポイントの算出とか。

計算して、構造を思い付いて、式を作り出す時に、感覚が変化しますよ。

非ユークリッドでも、次元を上げた曲面上の図形と見直せば、ちゃんとユークリッドで書けますし、代数的には可換代数のオイラーの式まで戻って出せますよ。
二値論理に書き直してシミュレートも出来ますよ。

要するに、数理科学はちゃんとつながってるんですよ。だから二値論理でシミュレートできるんです。分断されてないんです。
宇宙の式から、核物理ができて、物理ができて、そこから物理化学ができて、生化学ができて、人間ができているんです。

非可換代数の、四元数を用いればパウリのスピン行列と特殊相対論が等価になるんです。
非結合代数の結び目理論を用いれば、もっと多くの物が扱えるんです。

ユークリッド幾何と非ユークリッド幾何も、第五公理をパラメーターと見なした物であって、つながっているのですよ。分断されていないんです。

私達の空間は、相対論や量子論で解かるんです。相対論では非ユークリッドになるんです。何にもビックリする事なんてないんです。タンタンと数式を勉強すれば解る事です。

[534] タンチョウ 2020/09/25 16:06 yk/GAGilXIy

大哲学者ラッセルさんの意見に反対されるのですね?

[535] タンチョウ 2020/09/25 20:06 yk/GAGilXIy

カントさんを批判出来たら認知症にならないで済むと思います・・

[536] 地下水 2020/09/25 21:29 yk/wAoYp2on

>>534
空間の曲率という確かなパラメーターで、幾何学の第五定理が決まるのですよ。
曲率の大小によって、どれくらい離れた所で見かけ上の平行線が交差するか、正確に決まります。

ヘーゲルとかカントとか、正反合の系統の考え方は、荒っぽ過ぎてダメなんです。正確な値が出ない。正確な合意が得られないばかりか、人それぞれで結果が異なるのです。

それに対して、パースの公準から始まる計算機の世界は、厳密に値が決まります。
現代文明の機器はその計算機で制御されています。
人間の遺伝子もまたデジタルなのです。それで37兆個もの細胞が協働して一個の命を生かすという奇跡が起きているのです。
人間の行動も神経の電子制御なのです。

[537] タンチョウ 2020/09/26 16:02 yk/GAGilXIy

ヘーゲルさんの哲学は極めて困難で注釈家たちは意見を異にします・・

以下の文はラッセルさんのヘーゲルさんの解釈・・
私たちの知っている世界で反対意見は宇宙での断片であります。
神と思われるような視点で宇宙全体を見るならば空間、時間、物質、悪及び一切の努力と闘争は消えうせて、そのかわりに永遠、完全、普遍の精神的統一体を見る事でしょう。
全体を欠いている次元ではアンチテーゼがあり不完全な次元です・・

果たして地下水さんの幾何学がアンチテーゼの無い完全な世界かどうか?

[538] 地下水 2020/09/26 22:10 yk/AZeUGMiF

>>537
曲率と計量は正統な幾何学ですよ。

『等方で一様な2次元面はガウス曲率(以後、単に「曲率」とよぶ。)が場所によ らず一定であり、曲率の符号によって3種類に分類される。 すなわち正の定曲率をもつ球面、負の定曲率 をもつ双曲面、曲率がゼロのユークリッド平面である。曲率がゼロでない曲がっ た空間はユークリッド幾何学の公理をみたさない。例えば、球面上ではある直線 に平行な直線はそれ以外には一本も存在しない。一方、双曲面上ではある直線に 平行な直線は無限に存在する。これらの曲がった面に対して成り立つ幾何学を 非ユークリッド幾何学とよぶ。アインシュタインは物質やエネルギーによっ て時空が曲がるため、時空は一般に非ユークリッド幾何学で記述されるだろうと 推論した。』

[539] タンチョウ 2020/09/27 16:43 yk/GAGilXIy

>>538

世界はユークリッドとアンチテーゼの非ユークリッドが共存しているのでしょう?

地下水さんの幾何学は何で統一されているのですか?

[540] 地下水 2020/09/27 16:49 yk/AZeUGMiF

>>539
何べんも書いているのにまだ解らんの?
曲率でユークリッドも非ユークリッドも統一されているのですよ。

[541] タンチョウ 2020/09/27 16:55 yk/GAGilXIy

>>540

正(ユークリッド)・反(非ユークリッド)のアウフヘーベンですか?

[542] 地下水 2020/09/27 17:07 yk/AZeUGMiF

>>541
違いますわな。

平面幾何学がユークリッドなら、例えばその平面をゴムの様に曲げて行って、球面にしたら平行線が交わる非ユークリッドになる。
その曲げ方が大きいと、はやく平行線が交わってしまう所までの距離が短くなる、と計量できる。
つまりその曲げる程度は連続的に変化できるので、その曲率で計量が決まる。
つまりユークリッドと非ユークリッドは連続的に変化するのであって、曲率によって統一されたものであり、隔絶されているわけでもなく、正と反と言うわけでもない。

[543] タンチョウ 2020/09/27 17:16 yk/GAGilXIy

>>542

ユークリッド→非ユークリッドへの運動・・それも弁証法の一種なのです・・

[544] 地下水 2020/09/27 17:26 yk/AZeUGMiF

>>543
違います、弁証法はボケのドンブリ勘定です。そんなものからは何も生まれません。

正確には、曲率の幾何学になります。

[545] タンチョウ 2020/09/27 17:40 yk/GAGilXIy

弁証法の何たるかも知らず・・

わかりやすく説明します・・

地下水の正反対は雨水です。

そのアウフヘーベンが水道水

源の種類には、河川水の他、ダム湖水、湖沼水、地下水などがあります。

反対概念の意味がお解りになられないのでしょうか?

[546] 地下水 2020/09/27 18:13 yk/AZeUGMiF

>>545
そんな反対なんて雑な述語はダメ。論理と言えない。

1の否定は0。
A(1,0)の否定は~A(0,1)。

これが厳密に正確な情報。ここから膨大な科学が構築されて行く。

[547] 地下水 2020/09/27 18:23 yk/AZeUGMiF

>>545
もっと正確には、次に示したNANDから、全ての論理、膨大な科学のシミュレーションが構築されて行くのです。

A↑B
101
001
101
010

[548] タンチョウ 2020/09/27 19:06 yk/GAGilXIy

哲学は基礎論理から飛翔・飛躍してこそ本物の哲学でございます・・

[549] 地下水 2020/09/27 19:25 yk/AZeUGMiF

>>548
違いますね。

パソコンはシェーファーの公準から着々と出来て来たのです。

人間は、地球からたゆまぬ進化を繰り返して生まれて来たのです。

科学も論理を積み重ねて発展して来たのです。

飛躍している様に見えるのは、貴方が薄学なだけです。

[550] タンチョウ 2020/09/27 19:36 yk/GAGilXIy

「突然変異がなければ人類は絶滅する」遺伝子の不思議・・でもお読み願います・・

[551] 地下水 2020/09/27 19:42 yk/AZeUGMiF

>>550
DNAは非常に正確にコピーします。
そして十億回に一回程ミスコピーします。
それは太陽の紫外線などの外的要因に寄ります。
そうしてDNAの変異が蓄積して行きます。
そしてある時、それが発現遺伝子に及ぶ事があります。
すると多くは機能不全に陥り死亡します。
稀に生存機能に問題なく生き残るものがうまれます。
そして変異が生存に優位であるものが更に稀に生まれる事があり、それが増えるのです。

突然変異は、全然突然では無いのです。

[552] タンチョウ 2020/09/27 20:16 yk/GAGilXIy

地下水さんは全てが必然・・偶然は無いのですね?

[553] 地下水 2020/09/27 20:25 yk/AZeUGMiF

>>552
いいえ違いますね。確率的なものや、非常に不安定で予測不可能なものは沢山あります。

不確定性原理の範囲では、確率的に状態が変化します。
自発的対称性の破れも、確率的に鉛筆が倒れる方向が決まります。
二関節振り子や三体問題などの、基本的なカオスも、極小の外乱によって全然異なる軌道になります。

[554] タンチョウ 2020/09/27 20:29 yk/GAGilXIy

偶然の突然変異はありますか?

[555] 地下水 2020/09/27 20:51 yk/AZeUGMiF

>>554
「DNAは非常に正確にコピーします。
そして十億回に一回程ミスコピーします。
それは太陽の紫外線などの外的要因に寄ります。」

の所を読めば、外的要因によるコピーミスが、いつどこで起きるかは、当然予測はできませんね。

[556] タンチョウ 2020/09/27 20:54 yk/GAGilXIy

地下水さん

>>551突然変異は、全然突然では無いのです。

>>555当然予測はできませんね。

発言が正反対ですよ?

[557] 地下水 2020/09/27 22:18 yk/AZeUGMiF

>>556
はあ、バカには解りませんかね。

紫外線の様な、
変異には外的な原因が確かにありますが、
それがいつどこで起きるかは、予測できないのです。

それはね、「正反合」とか、雑な事を言ってるからアホになるのですよ。

[558] 地下水 2020/09/27 22:56 yk/AZeUGMiF

>>547
失敬、訂正。

A↑B
101
011
110
010

[559] タンチョウ 2020/09/28 16:19 yk/GAGilXIy

>>557
>>558

申し訳ありませんが・・地下水さんは一貫性が無く筋が通らずデタラメが多いです・・

[560] 地下水 2020/09/28 17:12 yk/AZeUGMiF

>>559
なんでやねん。確かな事しか書いてへん。誤字はあるけど。

ま、アホに言うだけムダやけど。知ってるやつやったら、当たり前なんで、スルーしてるやろな。

[561] タンチョウ 2020/09/28 17:16 yk/GAGilXIy

>>558

滅茶苦茶・・

[562] 地下水 2020/09/28 17:51 yk/AZeUGMiF

>>561
あんたがNANDを知らんだけやろ。
めんどくさいな。

Aの入力が(1010)、Bの入力が(1100)とするわな。
論理積、A∧Bは(1000)。その否定、~(A∧B)は(0111)や。
それで否定論理積をノット・アンド、縮めてナンドというて、↑で書くねん。ほんまはアンドの真ん中に縦棒が入ってるのが正確やけど、記号に無いから代用。

全ての論理と順序回路はこれだけで出来るんで、未来の光量子計算機でもユニバーサル演算子に採用されている。

パースの偉いところやな。

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】