FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 社会・議論

逃げるな! 宗教は救ってくれない

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] 自分でやるっきゃない 2008/09/11 17:30

宗教に頼っても無駄。 最後に頼れるのは自分だけ。 誰かに救いを求める時点で落ちこぼれ。

1024件のコメント 976番から976番を表示中

最初から 前の100件 次の100件 全部 最新20件 dat viwedatをダウンロード
[976] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2023/02/08 22:33 3M/w8eKnHvl

言霊wiki
>声に出した言葉、音声言語が、現実の事象に何がしか影響すると信じられ、良い
>言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。
>そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。

>自分の意志をはっきりと声に出して言うことを「言挙げ」と言い、
>それが自分の慢心によるものであった場合には悪い結果が
>もたらされると信じられた。

>例えば、『古事記』において倭建命が伊吹山に登った時、
>山の神の化身に出会ったが、倭建命は「これは神の使いだから
>帰りに退治しよう」と言挙げした。

>それが命の慢心によるものであったため、神であったことを見抜けず、
>命は神の祟りに遭い亡くなってしまった。
>すなわち、言霊思想は、万物に神が宿るとする単なるアニミズム的な
>思想というだけではなく、心の存り様をも示すものであった。

倭健命は山の神に出会ったときに、山の神と見抜けずに
山の神の使いと思い、帰りに退治しようとナメた態度に出た。
んで倭健命はその山の神に負けた。

「山の神の使い」でなくて「山の神御本人」だった。
倭健命の慢心と言えば慢心で、誤認識と言えば言えば誤認識だ。
「心の存り様をも示すもの」と言えばそうだが、広げすぎじゃないかな。

山の神様を舐めた真似した人間倭健命の末路ってだけだ。
そもそも山の神様の使いを退治してやろうって何なの、夜郎自大だろ。

もっと新しいコメントがあります。

次へ 最新20件

[ 削除依頼 ]

※このスレッドは大団円を迎えた為、投稿は出来ません。