FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 音楽

ブルックナーについて語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] 【思】SGS【想】 2006/08/03 18:38

みてみるとこのスレにブルックナーがありませんね。
皆さんで語り合いましょう!!!
個人的にはショルティ/シカゴsoが好きです。
でも私はマニアックではないのであしからず

857件のコメント 808番から857番を表示中

最初から 前の100件 全部 最新20件 dat viwedatをダウンロード
[808] MMM 2008/11/10 01:31

pianoはほとんど行きませんね。
現代音楽でコンサートがあったらついでに行きますが、クラシックは普通行きません。
聴きたい曲もめったにCDは買ってきません。
100円だったら買ってやるかな?
聴きたい曲は自分で弾いて聴きますね。
他人のは満足がどうしてもいかないので、自分の思いどおりに演奏するのが一番なのです。

[809] カラジャン 2008/11/10 22:39

記憶違いありのため、訂正。
カール・ミュンヒンガー/シュツッツガルト室内Oではなく、

ルドルフ・パウムガルトナー/ルツェルン音楽祭弦楽合奏団
でした。

[810] WWW 2008/11/27 15:27

カンツ(Kanz)盤第三交響曲なんてどうよ。

[811] MMM 2008/11/28 18:20

最近はノンリントン、ナガノ、ツェンダーなどの第一稿による演奏がはやっていますね。

[812] MMM 2008/11/28 22:49

今日はチェリの第5番、MPの1986年の日本公演のCDを聴きました。これは良い演奏です。トップクラスかも?

[813] 【思】Pos【想】 2008/12/15 21:12

でもチェリの、あの晩年の誇張演奏は正統ですかね?

[814] MMM 2008/12/16 00:27

あれも指揮者の解釈の一つでしょう。

個性が強すぎることは確かですね。
もちろん誰でも最初は抵抗があります。
でも慣れれば何のことはないですね。
良くできています。

もちろんマネはしてはいけません。

[815] MMM 2008/12/17 23:11

ははー、勝手に騒いで狂ってる!
腹を切ってから相手にしてやるよ!

[816] 【思】Pos【想】 2008/12/18 15:56

>>815

君はMMMさんの影武者か?

騙された

新ウィーン学派、閉じてしまったではないか

どうしてくれる

畜生!!!

[817] MMM 2008/12/18 18:15

ブルックナーは最近8番聴きました。
またまたブロムシュテットとシュトットガルト放送。
これ10年前昔GP聴いたやつですがまたやっているのですね。
83分ぐらいかかりました。

[818] 【思】Pos【想】 2008/12/20 11:05

8番のラストの解釈はチェリは絶品だと思いますね

[819] MMM 2008/12/20 20:15

チェリは最初凄く抵抗はありましたが、慣れたら全部好きになりました。

[820] MMM 2008/12/23 22:04

牛馬と話してもなあ!
むなしいので、腹でも切ったら?

[821] PASSERBY 2008/12/24 00:38

>>820
そりゃ君が猿だから牛馬とは話せないよ。
むなしければ自分が腹を切りなさいwww

ところで新ヴィーン楽派スレって消えちゃったんですか。
そりゃ残念だな〜!

[822] 五島 2008/12/24 00:47

まだ恨みが残っているのかな?
腹を切らせられた五島の怨霊かな?
クワバラクワバラ、ナンマイダー、直ぐ成仏せよ!

[823] 【思】Pos【想】 2008/12/25 05:32

>>821

立ち上げた僕が偽MMMさんに騙されました

済みませんm(_)m

[824] MMM 2008/12/25 07:04

またブルックナーに戻りましょう。
といっても最近年末で演奏は少ないですね。

[825] MMM 2008/12/25 14:30

そりゃ、あなたは頭がおかしいもの!

[826] MMM 2008/12/26 11:07

MMM(=管理人) pHuKlYYEc5

[827] 【思】Pos【想】 2008/12/27 14:40

「新ヴィーン楽派から現代音楽について語る」を

再度立ち上げました

皆さん来て下さい☆

[828] MMM 2008/12/27 18:23

行ってみます!

[829] なし 2008/12/28 18:56

けど なんていうか。。まあいいやあほちゃうん

[830] MMM 2008/12/28 20:34

いや、おもろいですよ!!!!!

[831] 【思】Pos【想】 2009/01/01 05:52

このレスに来る事は興味がある証拠です

ただチャット化は止めましょう

[832] MMM 2009/01/01 06:29

何も答えなくて白けるより良いんじゃないかな?

[833] アラベスクちゃん 2009/01/05 10:30

皆さま、新年おめでとうございます。

昨日のN響アワーで「作曲家の作品第一号」を特集しておりまして、
シューマン「春」第一楽章
ラフマニノフのピアノ協奏曲一番・第一楽章
ブルックナー1番第三楽章
(もう一曲、なにかやってたけど・・・、たしかシェーンベルクの
弟子の作曲家、ウェーベルンだったかな?忘れました。)
をやりました。

なんとアテクシの愛する、しかし世間的認知度の低い
ブル1を放送してくれるとは・・・!
ちなみにサヴァリッシュでした。
以前聴いてびっくり仰天したオルフェオ盤と同じく、
ヴォルフィーらしからぬ疾風怒涛の演奏でした。

いつものように演奏した方がブルックナーには合うと思うのですが、
何故ああなっちゃうんでしょうね。

[834] MMM 2009/01/05 18:24

このサワリッシュN響の一番は鳴り捲っていて忘れられない演奏でしたね。もう30年ぐらい経っていますね。良い時代でした。CDにならないかな?

[835] ケリー・ジョーソン・ベーム 2009/01/05 22:59

N響アワーのもう一曲は、ウエーベルンの「パッサカリア」op.1でしたね。
柔らかく色彩的できわめて魅力的でした。私にとっては指揮のワルベルク先生を久々に放送の画面で見られたことで嬉しくてなりません。ウィーン風の演奏でした。新ウィーン楽派のスレに書こうと思ったが、こっちに書いちゃった。

ちなみに他の演奏はシューマンの最後をちょっと聴いただけ、やけにテンポが速くなかった?

[836] MMM 2009/01/06 00:09

ウエーベルンの「パッサカリア」op.1は、昔グシュルバウアーもN響振ってなかったっけ?

[837] 【思】Pos【想】 2009/01/06 06:21

アラン・ギルバート版もありましたよね?

[838] MMM 2009/01/06 06:29

ウエーベルンの「パッサカリア」op.1のことですか?

それともブル1?

[839] アラベスクちゃん 2009/01/13 12:47

きゃああああ、ブルオタの皆様!
下野竜也先生が大フィルでブル1をお振りになりますわよ!
(1年以上先の話ですがw)

でも採られたのはウィーン稿なのですよねー。
アテクシはリンツが好きなんですけどね。

ブル1のウィーン稿とリンツ稿って、
なにが違うんですか?
ウィキペディア見たけど、よく分からない。

[840] アラベスクちゃん 2009/01/13 13:04

ブルックナー自身がリンツで初演したのが「リンツ稿」で、
その後ご本人が晩年に大きな改定を加えたのが「ウィーン稿」
なんですね?

作曲家の気持ちを代弁するのが指揮者ならば、
ウィーン稿を採るのが正解だという気もしますね。

[841] MMM 2009/01/13 18:33

オーケストレーションが違います。
ウイーン稿はウイーン風に洗練されています。
リンツ稿は田舎風に粗野。
当時の様式はリンツ稿の方。
作曲者の最終意思を尊重するのならウイーン稿。
でも余計なダメ押しの改訂だったという説もある。

[842] アラベスクちゃん 2009/01/14 10:08

ウィーン稿は、晩年に手を加えたため、
最初に作曲した時の若々しさ粗野さに、晩年の洗練された様式が
ミックスされてしまって変だ、とかいう意見も聞きますね。

指揮者というのは、いかなる時も
作曲家の最終意思を尊重して版を選ぶべきなのでしょうか・・・?

[843] 騎士 2009/01/14 11:35

一般的にはそうでしょうが、《火の鳥》のようなケースもあるので一概には言えないかも知れない。《白鳥の湖》の場合はドリゴが編作したものがバレエで上演されることが多いし・・・・

ブルックナーの場合は最終意思というのは時間的経過ではたどれないような気がする。

なお、一般に演奏されるリンツ稿とは1876−1877年頃にヴィーンで改訂されたもの。1868年にリンツで初演された形に近いものはティントナーのCDで聴くことが出来る。

さらに初期のグランジャン版というのが全集版で出版されている。

[844] アラベスクちゃん 2009/01/14 16:13

騎士さま、ありがとうございます。

最終意思というのは作曲家本人にしか分からない・・・、
否、もしかしたら本人も分からなくなっていたりしてw、
大変難しい問題ですね。

ティントナーのホワイトボックスは、
一度注文したのに入手できず、残念です。
グランジャン版というのは初めて聞きました。

[845] 騎士 2009/01/14 17:36

騎士とは風車に突撃する騎士です(笑い)。

最終意思という点ではブルックナーは特異な作曲家です。

ブラームスの《第1交響曲》のアンダンテの別稿が演奏されることはブラームスにとっては痛恨事でしょう(笑い)。
回収ミスですから・・・・

でもブルックナーは初稿が演奏されても笑っているでしょう。
なぜかかれはそういう資料を溜め込む習性があったようで・・・
たくさん資料が残っています。

グランジャン版というのは、アダージョとスケルツォだけです。
演奏はされましたが、市販はされていません。
アダージョは途中で放棄したので、最後の部分は補作(現行のものをつなぐ)ですし、トリオは現行のものです。
だから演奏されにくいのでしょう。
これは、初演に至るまでの試行錯誤と考えて間違いないでしょう。

ティントナー盤はバラでも売ってるはずです。フィナーレ以外は現行のリンツ版と聴いていてそんなに違いを見つけることは難しいです。
(細部はかなり違うでしょうが)

[846] MMM 2009/01/14 18:54

どの稿を選ぶかは指揮者の自由です。でもちゃんとした理由がないと駄目です。

ブラムスの一番のカールスルーエ初稿はここに楽譜も録音もありますよ。

グランジャン版というのは、アダージョとスケルツォだけです。
演奏はされましたが、市販はされていません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
売ってますよ。ちゃんと音楽図書館にもありますよ。

Brucknerは僕は原則として最終意思を取ります。しかし他人の手が入らないものです。4番は第二稿しか取りません。第3稿は彼の純粋な意思でないので拒否、ブルックナー協会がすべての版を出してしまってSchubert協会のように暇になったのででっち上げて混乱させて儲けようとしているのでしょう。しかし7番は打楽器を入れますね。

[847] アラベスクちゃん 2009/01/15 13:04

騎士さん、すいません、無学なため分からないのですが、

「ブラームスの《第1交響曲》のアンダンテの別稿が
演奏されることは」
って、なんのことをおっしゃっているのですか?

MMMさんの「他人の手の入らない最終稿を採る」っていうのが、
一番王道な気がしますね。

版の問題に関係してくるのですが、
スウェーデンだったかな、ダウスゴーっていう指揮者がいるでしょう?
彼はシューマンの4番<原典版>を録った後、
一年後くらいに今度は<改訂版>も録ってるんです。
で、それらを全部あわせて「シューマン交響曲全集」という訳です。

こういうやり方をする指揮者って、
いたことがないと思うんですけど、
(皆、どの版か一つだけを選ぶでしょう?)
これって、やったもん勝ちなんでしょうか。

[848] 騎士 2009/01/15 16:00

したのHPを参照してください。
ttp://www.kanzaki.com/music/cahier/bra1-org2mov

<彼はシューマンの4番<原典版>を録った後、
一年後くらいに今度は<改訂版>も録ってるんです。>
これは有名な話で、ブラームスが初稿を惜しんで出版したのを、
クララが夫の承認を得ず勝手に出版したと怒って絶交状態になったことがあります。

これは、バーキーという人のブルックナーの交響曲の有名なサイトの《第一交響曲》の一部分です。(彼のサイトはほとんどを網羅している)
Symphony No. 1 in C Minor
1865 Fragment of the original Adagio and Scherzo - Ed. Wolfgang Grandjean [1995]
Conductor Orchestra Dates Label Total Time 1st 2nd 3rd 4th
No Recording, No Recording

Symphony No. 1 in C Minor
1866 Original unrevised Linz version prepared by William Carragan [1998]

Conductor Orchestra Dates Label Total Time 1st 2nd 3rd 4th
Tintner, Georg Royal Scottish National Orchestra 31/8 and 1/9/98 Naxos 8.554430 54:47 14:33 15:19 9:05 15:48

[849] MMM 2009/01/16 06:10

ブラームスの一番は初稿があります。
アンダンテが違う音楽なのです。
カールスルーエ初演はこれを使いました。

シューマンの4番<原典版>も2種類ありますね。
ツヴィッカウ交響曲も版の違うやつがあります。

そのほかにメンデルスゾーンの2番と4番は初稿があります。

[850] アラベスクちゃん 2009/01/16 10:00

騎士さん、ありがとうございます。
ブラ1はずっと苦手な曲で、最近急に目覚めたため、
改訂が加えられているなんて全然存じませんでした。

またシュマ4の方は、
ブラームスが初稿を気に入っていたことは知ってましたが、
彼が勝手に出版したことや、そのことでクララと
仲違いしたということまでは存じませんでした。

MMMさん、
うーん、どれもこれもですか(改訂)。
それらを調べ倒して、穴が開くまで見通すのが、
指揮者の苦悩であり、喜びでもあるのでしょうか。

[851] 騎士 2009/01/16 11:26

ブラームスも意に反して手の内がばれてしまったことで、
意外と親近感が増すのでは?(笑い)。
愛着をもって聴くと、気難しくもなく可愛いものです。
このアンダンテのオーボエとクラリネットが長い音から始めるメロディーは、まったく《未完成》の翻案ですよね。

[852] アラベスクちゃん 2009/01/16 12:02

ブラ1を初稿で録ってるのは、
マッケラスの他に誰かいますか?
聴きたい。

[853] MMM 2009/01/16 17:54

ノイホルドとカールスルーへのオペラのオケが取っています。SWRもやってたかな?

[854] アラベスクちゃん 2009/01/19 15:21

ありがとうございます。
SWRって、シュトゥットガルトなんとかの略ですっけ?

[855] MMM 2009/01/19 17:53

Suedwestrundfunkですね。

この略語はバーデン・バーデンのオケだけに使っています。
StuttgartはRadio・Sinfonieorchester・Stuttgart,RSSの略語にしてますね。プロダクションが違うだけで同じ放送局のオケですね。

[856] グスタボ 2013/05/13 22:03 rf/yvCoDy79

もう5年前ですね。

[857] 似非右翼オビツ 2019/11/09 21:23 v2/yQU0V8qj

舟橋市中山

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】