FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 小説・本全般

ごじら 地の契約

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] ゴジラ松井 2014/08/01 23:53 AU/UYVkQx96

怪物ゴジラ松井の誕生には哀しき過去があった。
愛する人とその人の間にもうけた子供。 
そしてその妻子の哀しき運命ー。

松井秀喜が永遠の命をもつに至った経緯。

28件のコメント 9番から28番を表示中

最初から 前の100件 全部 最新20件 dat viwedatをダウンロード
[9] ゴジラ松井 2014/08/02 01:12 AU/UYVkQx96

(父さん...母さん...)

松井秀喜は夢をみていたー。
一度は捨てた家族。捨てたワシントンの地。
都会にいけばなんとかなると思いたどり着いたロサンゼルス。

しかし夢の中で松井は家族や農場の風景をみていたのだ。

松井秀喜が目を覚ますと...そこはロスの病院であった。

「大丈夫ですか」

(あぁ..あなたは....)

松井秀喜は自分に気をかけてくれる看護師であるアンネにかすかな恋心を抱くようになった。

アンネ「へぇ、あなたは日本から来たの?私はドイツ系とロシア系の血がはいっているの。」

今まで同じ日本人コミュニティーに固まって属していたり、孤独に何かを探し求めていた松井秀喜には、
アンネ、彼女の優しさは、美しさは、とても眩しく感じられた。

かすかな恋心は核心的な恋心へと変わっていった。

[10] トリンドル玲奈 2014/08/02 01:31 7P/SL7IYt7u

見てますよo(^o^)o
のんびりどうぞ。

[11] ゴジラ松井 2014/08/02 17:52 AU/UYVkQx96

そして松井秀喜とアンネの交際は始まったのだった。
いつから交際がはじまったのかは曖昧だが、
彼等は惹かれあっていった。
「告白」などという野暮な儀式もなく、
ただただ二人は気がつけば時間を共にしていた。

松井秀喜「アンネ、君の眼をみているとなぜだかとても安心するんだ。」

アンネ「私もあなたと一緒にいると安心するわ。」

二人は、誰もいない教会で二人だけの挙式をあげていた。

[12] ゴジラ松井 2014/08/02 18:04 AU/UYVkQx96

無職同然だった松井秀喜だがアンネとの出会いを転機とし、労働者として働き、金を稼いでいった。

そして松井秀喜は貯金で家を購入したのだった。

アンネ「私も出費すると言ったのに。」

松井秀喜「女性にお金を払わせるなんて、できないよ。」

松井はアンネの両親と会い、食事会をしたりもしたが、
結局は結婚の許可は降りなかった。
当時は、今以上に、白人の娘を東洋人や黒人と結婚させるなどありえないことだった。

しかし逆にそれは二人の恋の炎に油をそそぐこととなり...

事実婚ともいえる二人はロサンゼルスから遠く離れたハリスバーグという街に家をたて暮らす事となった。

[13] ゴジラ松井 2014/08/02 18:14 AU/UYVkQx96

異人種結婚を禁止するような法律があった時代に松井秀喜とアンネが結婚できるわけもなく...

二人は共に、二人だけで生きていく事にしたのだ。

この家で、誰にも邪魔されずに...。

松井秀喜26歳の時であった。

それからは二人にとっては勿論苦労もあったが、薔薇色と呼ぶに相応しい時期であった。

秀喜とアンネの確かな信頼、確かな絆。
それこそが人生を彩っていたのだ。

そして二人の間に子供が誕生した。

[14] ゴジラ松井 2014/08/02 18:28 AU/UYVkQx96

松井秀喜「この子の名前はガブリエラだ...。」

アンネ「私達の天使よ。」

松井秀喜「あぁ。ガブリエラ。私達はずっとこの時を待っていたんだよ。」

二人、いや、三人は人生の最高の瞬間を迎えていた...。

しかしそれから2年後、松井秀喜29歳の時、真珠湾攻撃があり、日米は戦争状態となってゆく...。

[15] ゴジラ松井 2014/08/02 18:33 AU/UYVkQx96

松井秀喜「私の事はいい。アンネ..君はガブリエラを連れて逃げるんだ。」

アンネは必死に離れ離れになることを反対した。

しかし、時代の流れに翻弄される二人ーー。

松井秀喜は敵国の人間として、財産を没収され、日系人収容所に入れられる事となる。

女児ガブリエラと妻アンネとの別れ..。
それは松井にとってもどれだけ辛いことだったであろうか。

[16] ゴジラ松井 2014/08/02 18:45 AU/UYVkQx96

収容所の生活で松井は考えていた。
「アンネやガブリエラは私を待っていてくれるだろうか。」

晴れの日。 晴れの日。晴れの日。
雲が流れる。毎日が流れる。

もう2年が経っていた。

父は死んだ。母とも縁をきった。
そして、妻子もなくした。

(結 局 私 は 孤 独 な の だ)

松井秀喜は枯れた大地の上で神に祈る。

「あぁ!神よ!私がなにをしたというのだッ!!」

[17] ゴジラ松井 2014/08/02 18:51 AU/UYVkQx96

そして松井秀喜は日系人部隊に志願する。

「私が功績をあげて英雄になれば、母も、アンネもガブリエラも私の事に気づいてくれるだろう。」
「そのためには、英雄にならなくては...。」

「沢山コロス。沢山敵をコロス。

沢山コロして英雄になる。手柄をたてる。

アンネ...ガブリエラ..待っていてくれ。

また、もう一度会えるのだから。」

戦地に赴いた松井はアンネやガブリエラとの再会を夢見て、
そして今までの苦痛を解放するかのように、

敵兵を殺していったーー。

[18] ゴジラ松井 2014/08/02 18:59 AU/UYVkQx96

松井秀喜「すまない。私は死ぬわけにはいかないのだ!」

パン!パラララ!

日系人部隊の同僚「おい、松井、何を見ているんだ?今は任務中だぞ。」

松井は自分の殺害したドイツ兵が持っていた写真を見ていた。
そこに写っていた彼の娘が妻アンネを連想させたのだ。

松井秀喜「似ている..」

パン!パラララ!

日系人部隊の同僚「馬鹿野郎。松井。ボサッとしてるとやられるぞ。気を緩めるな。行くぞ。」

[19] ゴジラ松井 2014/08/02 19:11 AU/UYVkQx96

バン!!

日系人部隊の同僚「松井ぃいい!!」

ドン!パララララ!!

松井秀喜はヨーロッパの戦地においてーー

死亡した。

[20] ゴジラ松井 2014/08/02 19:18 AU/UYVkQx96


松井よ。

松井秀喜(誰だ..誰だ....。)

愛する者に会いたいか。

松井秀喜(会いたい..)

英雄になりたいか? 永遠の命が欲しいか?

松井秀喜(欲しい..もう一度..会いたい。アイタイ..妻に娘をに...。)

よろしい。地獄に返り咲け。
お前の叫びが私には届いたのだ。

ともに歩もう。ともに築こう...。
皆殺しにするのだ。
お前の苦しみを、お前の孤独を
お前がされたように与えてやるのだ。

日系人部隊ー生還者一名

松井秀喜

[21] トリンドル玲奈(ゴジラ秀吉軍) 2014/08/02 20:42 7P/SHOUnDDs

凄い(゜ロ゜;
ゴクリ・・・

[22] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2014/08/02 20:43 6r/46XvyEAp

ちょっ・・・(汗)

この2chでも話題になってます!
http://2ch.main.jp

早速申し込むしかないですね・・・

[23] ゴジラ松井 2014/08/02 21:41 AU/UYVkQx96

少し、松井の父の年齢と、
真珠湾攻撃時の松井秀喜の年齢に矛盾が生ずるようですが、あくまでこれは架空の話なのです。

[24] ゴジラ松井 2014/08/02 21:43 AU/UYVkQx96

いや、生じませんでした。
飲みすぎですね。

[25] ゴジラ松井 2014/08/02 21:58 AU/UYVkQx96

>>21
後愛読ありがとうございます。

まだ話は続けていく予定です。

[26] Z会会員 2014/08/04 23:25 ザ-000,000,123号

ついに始まったか…

[27] オマエ 2015/09/14 16:44 ザ-000,014,215号

hhh

[28] 似非右翼オビツ 2019/12/12 04:59 v2/tXf1KFwV

舟橋市中山

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】