FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 小説・本全般

転生と革命 Brightness and Darkness

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] 闇の大剣豪 2017/11/04 09:01 Vy/UwFDCadt

自己満小説です。(身内向け)
※スレ主は文章力は高くないので上手いのをお求めの方は閉じることをお勧めします。
時々友達も参加しますw

14件のコメント 1番から14番を表示中

dat viwedatをダウンロード
[1] 新おまんこ 2017/11/04 13:41 ザ-000,022,146号

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●不合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【不合格】です。これをコピペでどこかに1000回貼れば回避できます。
これは本当です。やらないと十年無駄になります.

私も最初は嘘だと思ったんですが、一応コピペしました。それでセンター私大に合格出来ました。
けどコピペしなかった友達がA判定とっていたのに、おちたんです。(慶応合格h.sさん)

俺はもうE判定で記念受験だったんだけど、コピペを10回くらいした途端に過去問が
スラスラ解けるようになって、なんと念願の早稲田に受かりました。(早稲田3学部合格r.kくん)

これを今年のセンター前に見てシカトしたら、センターミスって最悪です。(n.aさん)

コピペをしてから痔が治りました。(早稲田大学教授A氏)

信じられますか?この威力。

d26.GkanagawaFL5.vectant.ne.jp (;´Д`)

[2] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2017/11/05 00:58 fJ/2Jfxetq6

きましたw

お互い、小説の練習頑張ろう♪

[3] 闇の大剣豪 2017/11/05 11:27 Za/Lmudy2IA

おっw璃天さんですね!!
では早速ちょっとだけ話進めていきますw

久々なのでちょっとだけ前回のあらすじ入れるw
これ以外にも忘れた部分があるなら可能な範囲で説明します。

サンドラはシンにイグニスを止めるよう説得をしイグニスの過去を話した。
だがそれでもシンはイグニスとの同盟は切れないと硬い意志を話した。
ならば直接でも止めるようサンドラの部下グリオをシンのもとに使者として送り再びイグニスを止めるよう交渉するように仕組んだがその道中…シンと交戦中にあるフランの部下である大倉の謀略によりグリオは大倉に捕らえられてしまう。
その後すぐに大倉はフランの息子であるニライと同僚の詩月と共にシンの基地を襲撃した。
その際雲仙は瀕死の傷を負わされ基地の通信機も破壊された。
その後ニライたちは目的を果たしたと言い残し撤収した。
それによりグリオが戻らない。そしてシンとも連絡が取れない状況となったサンドラは交渉決裂したと判断しグリオを取り戻すべくシンの基地に強襲を仕掛ける。
その道中ニライの友人である剣豪衆の末裔の虎野が心理眼の力で大倉がニライの誅殺を図っていることを知ったため(雪一族でもない虎野が何故心理眼を持っているのかは不明)大倉の思惑通りにはさせないとサンドラを止めに入るが…
まだ若い虎野の言うことなど相手にされずにサンドラは養女のシャルに虎野の相手を任せて去ってしまう。

サンドラと対峙したシンだが…タイマンならともかく先ほどのフランの襲撃により雲仙の命も危うく戦ってる場合じゃないというがグリオの存亡がかかっているサンドラもそれを待ってるほど暇じゃなかった。
シンは自分の首と引き換えに手を引くよう取引を持ち掛けるが
雲仙は地獄の入り口で斬馬男と接触。
それにより斬馬男の転生者として地獄からフッ化を果たした雲仙がサンドラに立ち向かう!

雲仙「シン!お前は仮にも俺より上に立つ男。そんな奴が自分の首を差し出そうなんて情けない真似してんじゃねえぞ!!」
シン「雲仙…どうやって?お前は少なくともかなりの重傷だったはず!」
雲仙「確かに俺は一度死んだ。だが蘇った…斬馬男の転生者としてな!」

サンドラは最初ははったりだと思い軽くいなそうとしたがかつて斬馬男の象徴ともいえる技「絶影」でサンドラの一撃を受け止め雲仙の反撃をくらったサンドラは侮れない相手と認めいよいよ本気を出すのであった。

[4] 闇の大剣豪 2017/11/05 11:36 Za/Lmudy2IA

×地獄からフッ化
○地獄から復活

[5] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2017/11/07 17:01 fJ/2Jfxetq6

サンドラとシンの戦い
面白いです!

果たしてシン達は、サンドラの猛攻から抜け出せるのか

斬馬男「雲仙…俺の転生者か」

斬馬男「まだお前に興味はないが」

「これからどう戦うか見せてもらおう」

[6] 闇の大剣豪 2017/11/11 20:41 Za/Lmudy2IA

反応遅れましたが来ましたね!では早速再開していきます!
自分で書いといてなんですが過去の設定忘れてる部分は正直あります。
そのうえ前の掲示板の書き込みは消えちゃったがゆえに再確認が不可能なので設定に矛盾が生じるかもですご了承ください。

[7] 闇の大剣豪 2017/11/11 20:54 Za/Lmudy2IA

サンドラ「腐ってもフランの兄者の元精鋭社員というわけか。まさか我に傷を負わしてくるとは思わなかったぞ」
サンドラ「いいだろう。我も心してかかろう!」

サンドラは巨体に似合わぬ高スピードで雲仙に詰め寄る
雲仙は斬馬刀を手に持ちそれを受け止める

雲仙「っ…なんてパワーだ!!」

しかもその重い一撃を素早く何度も繰り出してくる
雲仙は後ろに下がりながらそれを止めるのが精一杯だった

サンドラ「どうした!?斬馬男の転生者!斬馬男の持ち味は不屈の根性と聞いたが?逃げ回るだけで我に勝てるのでも!?」

いつのも雲仙ならここで挑発に乗って無謀な攻めに出るところであろう。だが…

雲仙「わりいな!この力俺自身もまだまだ使いこなせてないもんでな!だが安心しろ!すぐに真骨頂を見せてやるからよ!」

雲仙は冷静に返した

シン「…斬馬男の転生者になって成長したのは力だけじゃなくて精神もか」
エイン「俺にとっちゃ斬馬男という人間は炎のような闘志を持ちながら氷のような冷静さを併せ持つ人間だと思うぜ。」
シン「いや…それはないと思う…冷静さは同じ5将軍のトシミツやタクのほうが長けてると思うぞ」
エイン「だってよ斬馬男の最大の防御であり攻撃でもある絶影って技受け止める許容量があるのは明白だぜ。それでも前線に立ち続けて勝ち続けたってことは自分の体力を力を管理することも得意ってことじゃねーの?斬馬男だって絶影で受け止めるだけが選択肢じゃないだろ。技ではねのけるって選択肢もあるんだしさ。斬馬男はああ見えて冷静な前衛タイプだぜ」

[8] 闇の大剣豪 2017/11/11 21:10 Za/Lmudy2IA

雲仙はサンドラの攻撃をかわし続け近くにある電柱の上に乗る。サンドラは電柱を斧で軽く真っ二つにして雲仙を落としにかかる。
雲仙は落下する前に飛び上がりワイヤーを飛ばしてサンドラの腕に巻き付ける

サンドラ「ぬ!」
雲仙「捕まえたぞ!悪いな!従来の俺の戦術を捨てたわけじゃねえんだ!このまま掻っ捌いてやる!」
雲仙は左手にワイヤーを持ち替え右手に斬馬刀を持つが…

サンドラ「帝王をなめるな!蛙め!」
サンドラは巻き付けられたワイヤーを逆に利用して雲仙を引っ張り出し地面にたたきつけようとする
雲仙「なっ…なんて馬鹿力だよ!」
そして雲仙は地面にたたきつけられた。その衝撃で埃が巻き上がる
サンドラ「我にパワー勝負を挑んだ時点で愚策だったのだ!」
サンドラは勝利を確信しとどめを刺すべく斧の一撃を浴びせようと埃の方に向かって斬りかかる。
だが巻き上がった埃から斬撃が飛んでくる

サンドラ「ぬっ!」
サンドラはギリギリ身体をそらし直撃は避けるも右肩に大きな切り傷をつけられる
雲仙「いてーな!だがまだ絶影を使わせてもらった。たたきつけたぐらいで仰け反ると思うなよ!帝王!」
サンドラは少し顔を歪めるがすぐに余裕そうな表情に戻す

サンドラ「強がるな。ダメージは確実に蓄積される。我の攻撃を受け続けて立てるなど思うなよ」

[9] 新おまんこ 2017/11/11 22:32 ザ-000,022,146号

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●不合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【不合格】です。これをコピペでどこかに1000回貼れば回避できます。
これは本当です。やらないと十年無駄になります.

私も最初は嘘だと思ったんですが、一応コピペしました。それでセンター私大に合格出来ました。
けどコピペしなかった友達がA判定とっていたのに、おちたんです。(慶応合格h.sさん)

俺はもうE判定で記念受験だったんだけど、コピペを10回くらいした途端に過去問が
スラスラ解けるようになって、なんと念願の早稲田に受かりました。(早稲田3学部合格r.kくん)

これを今年のセンター前に見てシカトしたら、センターミスって最悪です。(n.aさん)

コピペをしてから痔が治りました。(早稲田大学教授A氏)

信じられますか?この威力。

d26.GkanagawaFL5.vectant.ne.jp (;´Д`)

[10] 闇の大剣豪 2017/11/12 04:23 Za/Lmudy2IA

同時刻…
グリオを捕らえいる大倉とリューネと詩月
大倉「はははw今頃あいつらはつぶし合ってるはずさw」
詩月「サンドラやシンはどうでもいい。でもシャルは俺の嫁にするんだから殺すなよ」
大倉「へいへい。そこは守るから安心しろ。」
リューネ「ふふふw面白いね詩月も大倉も…でもこの仕事は正直面白くないね。」
大倉「何が不満だ?」
リューネ「せっかく雲仙の代わりに6人衆になれたのにやることは地味なことばっかり」

「じゃあ私たちが楽しませてあげようじゃないの。でもそれは最初で最後の楽しみだけどね!」
物陰から声が聞こえてくる
大倉「なっ!?誰だ!!」
カルマ「私よwサンドラの軍勢が謎の単身突撃をしてると思って何か不審な動きがあったと読んでねw案の定フランの手先の仕業って事かw」
大倉「おのれ…どうやってここがわかった?俺の地獄耳はどんな追跡も許さないはず」
カルマ「私の能力を忘れたの?w私は鏡状に人にマーキングすることができるって。つまりあんたがよくやる民間人を壁にして姑息なことをするような奴を見つけるのが得意なんだよw」
カルマの能力は民間人に蝶を潜ませ監視カメラのように扱うことができる。(過去にこの能力を使ったがかなり昔の設定かつこの能力つかうの久々だから改めて説明)

グリオ「…カルマ!」
そしてカルマの後ろからオウガ、ゴンタ、ルインもやってくる
オウガ「よう。亜民!」

[11] 闇の大剣豪 2017/11/12 04:34 Za/Lmudy2IA

リューネ「私たちを見つけるなんてさすがねwでもどうして大倉の策が見抜けたのかしら?」
オウガ「簡単だ。こういう巧妙なことをやりそうな奴は亜民以外には考えられないとな。シンの軍勢は結構脳筋だしイグニスのように生物を使うような気配もなかった。」
ポーラ(そもそも高倉の子孫がフランのところにいるってだけでも十分疑う理由だと思うし…)
ルインはポーラの表情を見てなんとなく察する
ルイン「ポーラもあんたたちが怪しいって顔してるよ!動物に気付かれるようじゃあんたたちもまだまだって事じゃないの?」
(ポーラは実は戦国から来たポラリスである。だが平成に繋がる非正規ルートを通った代償でリスとなり人間の言葉と姿を失った。ルインを守りたいがため彼が選んだ生き方である。一応再度説明)

ゴンタ「モンドウハムヨウ!スグトリシマル!!」

詩月「やってみろよ!無能警察共がw」
リューネ「来た来たw戦うイベント!!」
大倉「関わらなければ痛い目見ずに済んだものを…俺を先祖高倉みたいに暗殺専門だと思わんことだ。最近の倉一族はむしろ正面戦闘のほうが得意でな!」

[12] 闇の大剣豪 2017/11/17 16:52 Za/Lmudy2IA

ちょっとだけ番外編。
泉空があの世に来たばかりの時の話

泉空は来ていきなり驚かされることになる。

海斗「待ってたぜ泉空w」
そこには15歳そのままの姿の海斗がいた
海斗「お前はすっかり大人になっちまったんだな…うらやましいぜw」
海斗「努力の果ての姿か…立派になったもんだ。俺の目にはやはり狂いはなかった。」
海斗は笑顔だが泉空は浮かない顔をしている。

泉空「それは違うよ海斗。俺は確かに努力の果て強くなった。でも俺は強くなってからはかつて批判していた闇の青竜道のことを怒れなくなるぐらい性格が歪んだとと思っているよ」
泉空「主のために敵を殺し、弱き裏切り者たちも容赦なく切り裂いたさ。そうやっていくうちに下克上を狙う格下を返り討ちに掻っ捌いていった。努力の果てに待っていたのはむなしい覇道の道だった」
泉空「ある意味…少年のままのお前がうらやましいよ。心もきれいなままだ」

海斗は泉空の話を聞いても別に顔色を崩すことはなかった。
海斗「いや、違うな。自分が変わっても周りは変わらなかった。その結果の話だ。理解者を得るのが難しいのは強者も弱者も一緒だというのは俺が生きているころからわかっていたからよ。神楽も天才と言われつつも学園の頃は孤立していただろ?」
海斗「そしてお前の主も言ってたじゃないか。人間は皆弱者だと。人はどれだけ強い力を身に着けても理解者を求める本能だけは変わりはしない。だが理解者を見つけるのも難しい。それが今のお前の姿だ。」
海斗「俺に足りなかったのは努力だが泉空…お前は努力じゃない…笑顔が足りなかったんだ」
笑顔が足りなかった…その言葉に泉空はハッとなる。
言われてみれば自分は人生で笑顔であったことは本当に少なかった…神楽に勝った時も海斗の死のこともあり満面の笑みを見せることはできなかった。

海斗「だからさ…あの世ぐらいでは笑顔見せてくれよwもう難しいことを考える必要はないからさ。」
泉空は涙をポロリとこぼす…でも表情そのものは笑顔であった…もう何年もしてなかった表情だった
泉空「ああ…そうだな…お前には話したい事いっぱいあるし…それも日にちがいくらあっても足りないほどだ」
海斗「ああ、聞かせてくれよw愚痴でも自慢でも俺が知らないお前の話も聞かせてくれw」

fin

[13] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2017/11/17 19:37 Bh/2Jfxetq6

おまけ

柊「俺の転生した姿はおそらく」

柊「フランだと思うな…」

柊「俺は昔、兄を殺したことがある…そして理想が似ている」

[14] 闇の大剣豪 2017/11/20 23:37 LO/qoIjGPBU

柊がフランの転生者!
それも面白い仮説ですねw
青竜道説も捨てがたいがフランと青竜道は弱者の扱いが少しだけ違う。
青竜道は弱者はいらぬって考え方だったが
フランは弱者は強者を作り上げるための材料と考えている。

昔の柊の考え方に近いかもしれないw
続きはまたゆっくりできる時間に書かせていただきますw

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】