FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 社会・議論

地球温暖化リスクって、

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] takkejan 2020/07/16 08:32 cG/6BUU6Srn

実はたいしたものはなにもないのです。

地球が温暖化すると大変なことになるという戯言を信じる必要はない。

従って石炭火力を禁止する必要などない。

38件のコメント 1番から38番を表示中

最新20件 dat viwedatをダウンロード
[1] takkejan 2020/07/16 08:36 cG/6BUU6Srn

仮に地球が温暖化して、地球の平均気温が今よりも10度上昇したとしよう。

東京がシンガポールくらいの気候になるが、それで何の問題があろうか?
「おれは暑いのは嫌いだ」?そういう人は100年後には生きてはいない。

地球全体で食糧生産が不足するようになるという話もあるが、何の根拠もない。
植物はCO2濃度が上昇して気温が上昇して降水量が増えるなら、一般的に
成長は助長される。
気候変動で変化した気候に合わせた作物を、その土地その土地で作れば
いいだけの話。

IPCCが昨年8月に発表した特別報告書では食料不足になると言っているが、
ここで採用されている経済モデルというものは、誰がどうやって検証するのか
さっぱりわからない。机上の産物というほかはないしろものである。

過去100年間で世界の平均気温は0.5度上昇したが、他方地球全体の食糧生産量
(=世界の人口)は10倍になった。これは事実である。
この厳然たる事実を、IPCCの経済モデルでは、どのように説明すると
いうのであろうか?
このように、地球が温暖化することと、食糧生産量とは全くリンクしないのである。
IPCCの経済モデルは、人類の食料生産技術の向上速度を全く無視しているから、
信憑性はゼロ。
気候変動の速度よりも人類の技術の向上速度のほうが、圧倒的に大きいのである。

[2] takkejan 2020/07/16 08:37 cG/6BUU6Srn


100歩譲って、IPCCの特別報告書が言うように、気候変動によって
2050年までに穀物価格が最大で23%増加すると仮定してみても、1トン3万円
程度の穀物価格が1トン3.7万円程度になるだけの話である。穀物10kg当たりの
コストアップはわずか70円でしかない。日本でいえばスーパーで売っている
300g300円のパスタが、321円になるというだけの話。
現時点での食料生産技術で、わずかこれだけの影響でしかないのである。

貧困国家は困るだろうという話もあるけれど、貧困問題は気候変動リスクとは
別の話である。その証拠に地球が温暖化しなくても、貧困国家の貧困は解消
されない。だから地球が温暖化したら貧困国家で食料不足が発生するというのは
詭弁なのである。地球が温暖化しなくったって、貧困国家は食料不足が発生する
のである。いくらCO2発生を抑制したって、餓死する人たちは餓死するのである。
そういう国は、中国がやったように、人口を減らさないといけないのだ。
地球温暖化問題とは関係がない。

[4] takkejan 2020/07/16 17:57 cG/6BUU6Srn


昨今の自然災害を全て地球温暖化のせいにしようとする論調が多数あるが、
詭弁極まりない。
自然災害による被害というのは治水対策が不足しているから発生するのであって、
地球が温暖化したり気候変動が原因で発生するのではない。
台風が大型化するのなら都市をコンクリートで固めればいいのです。
昨年の超大型台風19号が東京や神奈川に直撃したけれど、東京や神奈川では
たいした被害は出なかった。河川をコンクリートで固めてきちんと対策
していたからだ。
治水対策が不足していた千葉や長野で大きな被害が出た。
今回の熊本も同じ。危険な川沿いに治水対策不備の状態で居住していたことが
原因なのであって、気候変動が原因なのではない。
そういう危険なところに家を建てるのを許可した行政に責任がある。
危険な場所にはそもそも居住用の家を建ててはいけないのだ。

昨今の自然災害を地球温暖化のせいにしようとする論者に問いたい。
地球温暖化を食い止めたら、自然災害被害は無くなるのか?
そんなばかなことはない。太古の昔から自然災害被害は発生し続けている。
治水対策が不足していて、河川が増水したら浸水するようなところに
家を建てれば、罹災する可能性は当然ある。
ただそれだけ。

[5] takkejan 2020/07/17 10:44 cG/6BUU6Srn

「環境破壊を国際犯罪に」だそうだ。

もうここまでくると、狂信的としか言えないな。 ↓

>「環境破壊を国際犯罪に」 グレタさんらが公開書簡
>
>スウェーデンのグレタ・トゥンベリさん(17)ら欧州の若い世代の
>環境活動家4人が16日、欧州連合(EU)や加盟国の指導者らに公開書簡を送り
>「環境破壊を国際刑事裁判所(ICC)で裁かれる国際犯罪とするよう
>提唱すべきだ」と求め、17日から首脳会議が開かれるEUに行動を促した。

欧州における地球温暖化信仰は、もはや過激新興宗教の水準に到達している。
「エコファシズム」という言葉もあるくらいだ。 ↓

>エコファシズム(英語表記)ecofascism
>大辞林 第三版の解説
>環境保全を口実として全体主義・権威主義・人権抑圧などを正当化する思想。

戦前の日本は、ナチスドイツの欧州での快進撃を見て、これを模倣して
軍国主義に走り、太平洋戦争で自由主義を標榜する米国と戦って
大敗を喫した。

最近、欧州の全体主義思想が日本でも蔓延しつつあることが危惧される。

途上国の中では、お金がないから石炭火力発電に頼らざるを得ない国もあるから、
石炭火力発電を禁止すると、そういう貧乏な国の人々を苦しめることになる。
そういう人たちを苦しめてまで、「地球温暖化リスク」の妄想にすがる理屈が、
私には皆目わからない。

[6] takkejan 2020/07/19 17:32 cG/6BUU6Srn

地球温暖化で食料生産量は低下する?

と、一般には言われているが、本当か?と問いたい。

よく言われる話では、地球の平均気温が3度以上上昇すると、コメや
トウモロコシが、登熟時に高温障害を起こして収量が低下するから
地球全体で食料不足が生じる、という話である。

しかしながら、地球上での炭水化物生産は、コメや麦やトウモロコシ
ばかりではない。イモ類がある。特に地球温暖化に関連して注目すべきな
のが、キャッサバというイモである。
キャッサバは現在でも世界で10億人以上の主食になっていて、しかも
穀物と異なり、気温が温暖化しても生育に支障を生じることがない。
イモ類は貧者の食糧というイメージが強いが、加工してキャッサバ粉に
して、麺やパンの原料にすればいいのである。小麦だってそのまま
食べる人はいない。麺にしたりパンにしたりして食べるのだから、
単に食習慣をほんの少し変えれば、キャッサバを主食にすることは
全く問題はない。

[7] takkejan 2020/07/19 17:33 cG/6BUU6Srn


キャッサバから作ったタピオカ粉は、10kgあたり2000円強程度の
価格で売られている。

キャッサバは、今でも収量は高いが、ちゃんと生育管理して栽培すれば
同じ面積でコメの4倍の収量を上げられると言われていて、しかも
高温乾燥に極めて強い特徴を持っている。

こういう極めて高温耐性のある作物がちゃんと存在するのに、
地球温暖化教の連中は、地球が温暖化したら世界の食糧生産に大きな
リスクが生じると、言いふらし続けるのである。
なにやらへんてこりんな経済モデルという根拠レスな数字のこねくり
回しを行って、食料価格は高くなると主張する。私にはその根拠が
さっぱりわからない。
そういう、SSPだか何だか知らないが、経済モデルというしろものは、
何らの事実検証も行われていないのである。
専門家が英知を絞って作った、ありがたい理論なのだから、一般庶民は
理解できなくてもいいから信じなさい、という話。
あまりのばかばかしさにもほどがある。信じろというのなら、根拠となる
証拠を出すべきである。

つまりは地球が温暖化すると世界の食糧生産量が低下する、という話は、
単にIPCC系の地球温暖化教の連中が作り上げた根拠レスな与太話だと
いうことである。

[8] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2020/07/19 23:29 45/75m1WABV

なるほど

それだあなたはどうしたいのですか

あなたが望む世界にするために、あなたは明日から何をしますか?

[9] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2020/07/19 23:29 45/75m1WABV

なるほど

それだあなたはどうしたいのですか

あなたが望む世界にするために、あなたは明日から何をしますか?

[10] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2020/07/19 23:29 45/75m1WABV

なるほど

それだあなたはどうしたいのですか

あなたが望む世界にするために、あなたは明日から何をしますか?

[11] takkejan 2020/07/20 00:32 cG/6BUU6Srn

No.4へのフォロー

>治水対策が不足していた千葉や長野で大きな被害が出た。
>今回の熊本も同じ。危険な川沿いに治水対策不備の状態で居住していたことが
>原因なのであって、気候変動が原因なのではない。

今回の熊本が治水対策不備だった原因は、かつての民主党政権が「川辺川ダム」の
建設計画を中止にしたことのようだ。

まったく、やるべきことをやらない人たちってのは、本当に困ったものだ。
やるべきことをきちんとやっていれば、たとえ気候変動が起きようとも大丈夫なのだ。

   ↓

>菅義偉官房長官は19日のフジテレビの番組で、熊本県を襲った豪雨で氾濫した球磨川水系について、「(治水対策は)ダム建設でなければ難しいという判断だったが、地元から反対があった。今回の被害で、その問題を課題に乗せなくてはまずいのかなという思いがある」と述べた。
>
>「流域治水」への転換促す 気候変動踏まえ対策を―国交省審議会
>
>同水系では「川辺川ダム」の建設計画があったが、一部の流域自治体などの反対で、国は民主党政権下の2009年に中止を決定した。

[12] 地下水 2020/07/21 15:32 Gx/NLC3NuQV

雨が良く降りましたね。
今年の夏も暑くなりそう。
願わくば、台風被害が来ません様に。とか言っても来るんだなこれが。
今年は竹も生えてきたので、倒れて直撃しません様に。屋上の柵が曲がりません様に。

[13] takkejan 2020/07/21 18:38 cG/6BUU6Srn

>願わくば、台風被害が来ません様に。とか言っても来るんだなこれが。

太陽光発電やってる人は、台風が来たほうがいいと思いますよ。
梅雨前線を吹き飛ばしてくれるから、発電量が増える。

当方もキャンプに行きたいので、早く梅雨が終わってくれたほうがいいです。

[14] 地下水 2020/07/21 18:46 Gx/NLC3NuQV

>>13 takkejanさん 皮肉が効いてますね。

その台風で太陽光パネルも飛んで行って事故を起こしてますね。
内も付けたいのですが、恐くてできません。台風でスカスカの屋上の柵が曲がり、お向かい6軒のアンテナが全部飛びましたので。パネルは恐くて。(笑)

今年は天井川の堤の竹が増えて、倒れますので応急で1本切りました。台風になると、車や店のガラスが危ないです。毎年、役所が切ってくれているのですが、今年は遅くて。

[15] takkejan 2020/07/21 20:11 cG/6BUU6Srn

>その台風で太陽光パネルも飛んで行って事故を起こしてますね。

保険かければいいですよ。 ↓

>太陽光発電が台風で剥がれた事例 実は使える保険や補償、パネル廃棄など対処法もご紹介
https://www.solar-partners.jp/pv-advising-report-33823.html

保険かけてると、壊れたら新品で設置しなおせばいいから、
台風が待ち遠しくなると思いますが、、、

ちなみに洋上風力発電も、ようやく保険が開発されたようです。 ↓

洋上風力発電向けパッケージ保険の開発
2020/3/10
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/200310_01.pdf

こういう保険がちゃんと整備されてないと、虎の子のお金でおちおち投資なんか
怖くて出来ませんよね。

[16] 地下水 2020/07/21 23:06 Gx/NLC3NuQV

>>15
飛んで行った太陽光パネルが、近所に当たったりして、窓ガラスが割れて、死人がでたりして、被害が出た時が恐いのです。(^^;

[17] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2020/07/24 05:21 gH/n3eesXfg

https://i.imgur.com/6uJcyvy.jpg
https://i.imgur.com/TyMnilr.jpg
https://i.imgur.com/TeTocTD.jpg

[18] 地下水 2020/07/25 21:19 Gx/NLC3NuQV

>>15
ペロブスカイト太陽電池が実現すれば、安価で薄くて、密着型になるので、太陽光パネルが台風で飛んで事故になるという事がなくなり、保険会社も助かりますね。

[19] takkejan 2020/07/26 05:12 cG/6BUU6Srn

地球温暖化は防がないといけないと言ってる人たちって、なんで
防がないといけないのかをよく考えていないひとが多すぎる。

本当に、よーく考えてもらいたいものだ。
そういうことをきちんと考えない人たちって、頭が悪い。

真剣によーく考えたら、地球温暖化を防ぐ理由なんてなにもないと
いうことに気が付くはず。
単に自分が暑いのが嫌だとか、シロクマ君が絶滅したらかわいそう
だとか、サンゴがなくなるのは嫌だとか、ウナギが食べられなく
なるのは嫌だとか、生物多様性が失われると大変なことが起こるに
違いないとか、単に個人的な好き嫌いとか思い込みの問題だけ。

災害が増えるというのもウソ。食料不足が起きるというのもウソ。
そう言われて、勝手にそう思い込んでいるだけ。
何ら立証出来るものは何もない。非科学的で宗教的。
トランプさんが非科学的?そういうことを言ってるほうこそ非科学的で
頭が悪い。
本当に人類が困ることは何も起きない。

No.8
>それだあなたはどうしたいのですか
>あなたが望む世界にするために、あなたは明日から何をしますか?

頭が悪い人たちを罵倒して回りたいだけ。
頭が悪いと言われてむかつくなら論理的に反論するべきだ。

[20] takkejan 2020/07/26 05:13 cG/6BUU6Srn

No.18
そもそも台風で屋根自体が飛ぶこともあるわけで、そういうことを
心配しだしたらきりがない。
損害賠償保障付きの保険で対応すればそれでOKとしないとしょうがない。
リスクに過剰反応しすぎでは?
一度、株式投資でもやって大損してみることを勧める。
きっと世界が広がるでしょう。

ここでひとつ思いついた仮説だが、地球温暖化は防ぐべし、と考えている
人と、貯金は全て定期預金にする、という人は、相関的にニアリーイコール
なのではないか?というものです。つまりリスクを過剰にとりたがらない
人が、地球温暖化は防がないといけない、と考えるのではないか?ということ。
だって、地球が温暖化したら何が起きるかわからないから。。。。

日本のような資本主義社会ではそういう人たちは社会を引っ張ることは
出来ない。孫正義さんだって、10兆円投資して1兆円大損した。
そういうリスクを恐れない人たちが、社会を引っ張っている。
適切なリスクテークは絶対的に必要だということ。

[21] takkejan 2020/07/26 05:14 cG/6BUU6Srn



ノーベル賞を獲得したノードハウスのDICEモデルについて、
キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹の杉山さんが解説文を書いていて、
面白い。
今のIPCC報告書の結論は、ほとんどこの理論をパクったものらしい。
  ↓

http://ieei.or.jp/2019/01/sugiyama190125/
>驚愕の結論: 最適解は「温度安定化」よりも「何もしない」に近い
> 但し書きが終わったところで、試算結果で、最も注目すべきところを述べよう。
> 図表4、5、6、7を見ると、CO2排出・大気中のCO2蓄積量・温度上昇の何れも、「最適解(optimal)」は何もしない(no control)場合に近く、「温度安定化(control climate)」からは程遠い。
> これは驚愕の結論と言える。
> パリ協定で諸国が合意した2度目標は、ほぼここでの「温度安定化(control climate)」シナリオである。しかし、DICEモデルはそうではなく、成り行きに近い方が「最適だ」としている。

結局のところ、温暖化対策を今やるということは、そのコストによって、
他にもっと効果のある投資が出来なくなることを意味するから、
差引で考えたら、何もしないほうが効果的だということ。

下手な考え休むに似たり。
地球温暖化対策なんて、何もしないほうがかしこいということなのです。

[22] takkejan 2020/07/26 05:56 cG/6BUU6Srn

>ノーベル賞を獲得したノードハウスのDICEモデルについて、
>   :
>今のIPCC報告書の結論は、ほとんどこの理論をパクったものらしい。

しかし、IPCC系の学者連中って、本当にたちが悪い。
ノーベル経済学賞受賞者の理論をパクっておいて、結論だけ自分たちの
都合のいいように捻じ曲げて、報告書に使ってるということみたいだ。

単に「ノーベル賞の理論」というお化粧が欲しかっただけということ。
こういうのを詐欺的といわずして、何なのであろうか?

[23] 地下水 2020/07/26 09:18 Gx/NLC3NuQV

>>22
地球温暖化だというので、LED照明に45万出して変えてみた。
コロナだというので、10万以上出してウイルス除去の空気清浄機を買ってみた。
虫歯なので、高いけれどもリステリンを常用する様になったら、虫歯が治った。
そうこうしてまだスマホも持っておらず電子決済の恩恵も逃し遅れている。
俺って、ニュースにおどらされてバカかもしれない。
本当は、清潔な衣類を着て、風呂に入って清潔にして、勉強して精神生活をしたいだけだ。
でも仕事柄そうも行かない。
レスターブラウンの地球白書や、環境ホルモンガイドなどを読むと、地球温暖化や資源の枯渇や環境汚染は、大変な問題だ。
また本におどらされているだけかもしれない。
人間の脳は本来、自分や家族の生活の維持の為にある。世界の心配をするには小さ過ぎる。

[24] takkejan 2020/07/26 10:39 cG/6BUU6Srn

ノードハウスの理論の割引率の説明を見ていると、今の地球温暖化問題の
争点は、温暖化によって将来どれくらい被害が出るのか?に絞られている
ことがわかる。
         ↓

>将来世代は我々よりも遥かに豊かになる
>
> ノードハウスは、この4%の割引率を、温暖化対策投資を他の投資と見比べる観点から正当化できるとした(=温暖化対策投資の機会費用の観点から正当化できるとした)訳である。
> この割引率を巡っては、スターン・レポート等から様々な批判があり、ノードハウス自身も反論しているが、ここでは深くは立ち入らない。詳しい論争については(ウィリアム・ノードハウス, 2015)を参照されたい。
> 本稿では、1点だけ、4%という割引率で将来の消費を割引くことは一見不道徳に思えるかもしれないが、実はそうでもない、ということだけ述べておこう注9)。
>まず、4%の割引率を適用すると、将来に起こる温暖化の損害がかなり割り引かれることは事実である。

>筆者は、DICEモデルには不確実性が多く予言能力が乏しい、とは言ったものの、世界全体の1当たりGDPが年率1%で伸びる、という想定については妥当だと思う。過去も1人あたりGDPは、少なくともこの程度は、着実に上昇してきた。経済成長が続いてきた理由は、主には、技術が進歩したことにあるが、技術は一度進歩すると後戻りすることは無く、これが経済成長の原動力になってきた。これは今後も続くだろう。
>そして、僅か1%の成長であっても、70年たてば2倍豊かになる。このことが、決定的に重要になる。
> 2倍豊かになるならば、温暖化の被害によってGDPの数%が減るとしても、それはものの数ではない。

70年たてば技術の進歩で人類は2倍豊かになるということを前提にすると、
スターン氏などは非常に困るのだ。地球温暖化によって将来生じる損害が、
計算上消し飛んでしまうから。

だから、地球温暖化対策論者は、人類の技術の進歩を無視して計算している
ということなのです。

普通に考えて、そんなことってありえないでしょう?
脳みそが70億人分もあるんだから、少しづつでも技術は進歩していくと考えるのは当然。
だから、地球温暖化問題なんて無視していいというトランプさんの直感は正しい。

[25] 地下水 2020/07/26 12:08 Gx/NLC3NuQV

>>24
だからノードハウスは、温暖化で4%も割り引かれるのだから、SDGsなんかに投信するのが得と言うてるのやないかな。
まあトランプさんが200兆円対策を打った御陰で、今のところコロナによる世界の平均株価の暴落は食い止められてるわけやけど。

[26] takkejan 2020/07/26 14:20 cG/6BUU6Srn

>だからノードハウスは、温暖化で4%も割り引かれるのだから、SDGsなんかに投信するのが得と言うてるのやないかな。

「温暖化で4%も割り引かれる」ということではなくて、温暖化するしないに関係なく、
将来時点の消費δcは割引率ρ+gで割り引かれる、ということですよ。
割引率4%で計算したら、温暖化対策を放置することが、世界全体での効用を最大化する(optimalに近くなる)という結論になるというふうに読めると思います。
この温暖化対策を放置する(no control)場合、図表6の温度上昇によれば、2105年
時点で、温度上昇が、最大の3.3度あたりになる。

図表7により、今、温暖化対策を行うよりも行わないほうが、将来世代の1人あたり
消費を大きくすることが出来ることがわかります。
     ↓

>温暖化対策に投資をするということは、経済成長のための様々な資本への投資(道路、工場、学校、病院等の建設)が減ることになり、現在の人も未来の人もその分貧しくなる。未来のために良かれと思って温暖化対策をしても、それによって貧しくなってしまうのであれば、持続可能な経済開発とは言えない、ということだ。

[27] 地下水 2020/07/26 14:32 Gx/NLC3NuQV

>>26
えっ!普通に経済活動をドンドン進めたら、自然に効率が上がって、消費にかかる負荷が、4%ずつ減って行くという事なの?

でも1万2千年前に5.6兆本あった5メートル以上の木が3兆本にまで減って、気になるなあ。
まあ、米国の大型機械農業の、アーモンド畑の木とか、リンゴ畑の木とか、色々5メートル以上の木が増えてるから、自然の木を数えるのもどうかと思うけども。

[28] takkejan 2020/07/26 22:37 cG/6BUU6Srn

>えっ!普通に経済活動をドンドン進めたら、自然に効率が上がって、消費にかかる負荷が、4%ずつ減って行くという事なの?

「消費にかかる負荷が、4%ずつ減って行く」という表現の是非についてはともかく、一人当たりのGDPが年率1%で上昇していくということを意味しているようで、この程度の伸びは過去の伸びからの推計で妥当、と言っていますね。
この割引率の設定を、スターン氏などは「不道徳だ」といって攻撃してるみたいです。

   ↓

>ノードハウスのDCの式ではTが3度なら1.30%の損害になる(図表8)。これに対してCO2削減率が20%ならばCO2削減費用TCは0.07%である(図表8)。こうすると損害の方が随分大きい。しかし、1.30%の損害に対して、4%の割引率を適用すると70年間で16分の1になってしまうので、すると損害は僅か0.08%になってしまう。これはCO2削減費用TCとだいたい同じになる。
> このように、年率4%で割り引かれるということは、70年間で、価値が16分の1になってしまうことを意味する。16分の1まで将来の損害を割り引いてしまうというと、何か将来世代のことを考えていない、道徳的に肯定できない酷いことのように思えるかもしれない。しかし実は、そうでもない。
> 再び図表7を見ると、どのケースでも、将来世代は140年間で現在の4~5倍豊かになっており、今後70年でも2倍豊かになることが再確認できる。筆者は、DICEモデルには不確実性が多く予言能力が乏しい、とは言ったものの、世界全体の1当たりGDPが年率1%で伸びる、という想定については妥当だと思う。過去も1人あたりGDPは、少なくともこの程度は、着実に上昇してきた。経済成長が続いてきた理由は、主には、技術が進歩したことにあるが、技術は一度進歩すると後戻りすることは無く、これが経済成長の原動力になってきた。これは今後も続くだろう。そして、僅か1%の成長であっても、70年たてば2倍豊かになる。このことが、決定的に重要になる。

結局のところ、地球温暖化論争ってのは、パラメータ設定が道徳的か不道徳かの
論争ってことですかね?要するに宗教だということ。

「こんなパラメータ設定は不道徳だ」「温暖化を2度以下に抑えることが道徳的」
てのは、個人個人の価値判断そのもの。到底科学とは呼べませんね。

ぴーちくぱーちくしゃべってるスェーデンの女の子とか、こういう話をきちんと
理解してるのだろうか?甚だ疑問。

そんな道徳的かどうかなんて話より、過去からの伸び率をそのまま延長するって
ほうが、説得力はあると思えますがね。

[29] 地下水 2020/07/26 23:24 Gx/NLC3NuQV

>>28
マイクロプラスチックスによる汚染とか、海洋酸性化による小魚の餌の死滅とか、氷河の減少による地下水の塩化とか、凍土の融解によるメタン火災とか、南極の融解による海面上昇とか、オーストラリアの大火災とか、カタストロフィーは突然くると思うよ。

[30] takkejan 2020/07/27 19:11 cG/6BUU6Srn

>マイクロプラスチックスによる汚染とか、海洋酸性化による小魚の餌の死滅とか、氷河の減少による地下水の塩化とか、凍土の融解によるメタン火災とか、南極の融解による海面上昇とか、オーストラリアの大火災とか、カタストロフィーは突然くると思うよ。

まーいろいろあっても、人間様に影響がどれくらいあるのかが重要。
マイクロプラスチックなんて、何が問題なのか当方にはさっぱりわからない。
全然気にならない。
海が酸性化するってのも同じ。人間様に何の悪影響がある?

また、「俺はウナギが食べられなくなるのは嫌だ」とか言い出す?
当方は全然気にならない。うまいものは他にいくらでもある。

だいたい、天然物は100年もたてばスーパーに並ばなくなると思う。
うちの息子達などは果物を食べない。ジュースなんかのほうが、食べるのに
手間がかからなくていいらしい。
天然の海産物なども食べる人は時代とともにだんだん減って行くことになる。
「こういうのがおいしいのに」とか言ってると、若者から年寄扱いされる
ようになる。

山火事なんて大昔からずっとある。今に始まった話でも何でもない。
遠くの山火事なんてなにも気にならない。
南極の融解なんて1000年かかる。全く気にする必要なし。

たいしたこともない話ばかり。全然気にならない。

[31] takkejan 2020/07/28 05:57 cG/6BUU6Srn

>だいたい、天然物は100年もたてばスーパーに並ばなくなると思う。
>「こういうのがおいしいのに」とか言ってると、若者から年寄扱いされる
>ようになる。

むかし、マリーアントワネットが、「パンが食べられないならお菓子を食べれば
いいじゃないの?」と言って大衆の反感を買って断頭台の露と消えたけれど、
今そんなことを言っても、誰も反感を感じない。

食品加工の技術は時代とともに確実に進んでいくから、炭水化物とアミノ酸の
原料があれば、いくらでもうまいものは製造できるようになる。
そのうち、山の幸海の幸なんかなくったって全然困らなくなるし、
誰も食べたいとは思わなくなる。
セブンイレブンにうまいものは沢山並んでいる。

[32] 地下水 2020/07/28 13:39 Gx/fNa8gtzd

>>31
中村哲先生の京都国際会議です。
温暖化による干ばつと洪水の破壊の克服です。

https://www.youtube.com/watch?v=zuEY9Ib9wAM

[33] takkejan 2020/07/29 12:34 cG/6BUU6Srn

>中村哲先生の京都国際会議です。
>温暖化による干ばつと洪水の破壊の克服です。

アフガンでの干ばつというのは、内戦による灌漑設備の破壊が原因であって、
温暖化とは無関係。

その証拠に、隣国のトルクメニスタンでは、アフガンと似たような
超低い降水量であるにもかかわらず干ばつは発生していない。

「温暖化による干ばつ」という表現は、事実と異なる。

[34] takkejan 2020/08/06 19:30 LT/6BUU6Srn

ESG投資とは単なる流行

投資効率は悪いみたいだ。

すこし前、、世界の金融機関はESG投資が主流になる、などと煽りに煽ってる
人もいたけど、時間が経過してパフォーマンスを見てみたら、平均以下らしい。

ばからしいから、そのうちだれも投資しなくなるでしょうね。

https://diamond.jp/articles/-/225788?page=2
>投資家は世界的流行の「ESG」を資産運用に取り入れるべきか
>山崎 元:経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員
>2020.1.15 5:10
>運用成績は劣る 「ESG重視で選ぶ投信」

>書きながら筆者も困ったのだろうと推察される記事を見つけた。
>1月11日(土)の「日本経済新聞」(19面)に「ESG重視で選ぶ投信」という記事があった。

>記事の趣旨はこれらの観点を投資に反映させることが、世界的に流行しているというものだった。

>ところが、日経の記事を読むと、日本株を投資対象とするESGをうたった公募の投資信託の平均的なパフォーマンスは、過去1年、3年、5年、10年のいずれの期間で見ても日本株投信全体の平均を下回っている。しかも、グラフをよく見ると、期間を長く取るほど年率リターンの差は広がっている。

[35] takkejan 2020/08/06 19:31 LT/6BUU6Srn


>ESG投資はもともと「社会的責任投資」(Social Responsibility Investment)と呼んでいたものの焼き直しだが、SRIの時代から、ESG的な価値観を反映した投資の運用パフォーマンスが優れているというデータはなかなか出てこなかった。
  :
>個人投資家はESG投資を敬遠するほうが無難
> 個人投資家はESG投資をどう扱ったらいいのか。
> どうしても好きなら、ESG投資を標榜する投信などに投資してもいいが、その場合、運用リターンの点で追加的なコストを支払っている公算が大きい点について自覚的であるべきだろう。
>ESG投資が、たまたま平均よりも高い運用パフォーマンスを上げることがあるかもしれないが、期待値として優れた運用方法ではないことは、冒頭で述べた通りだ。
> ESG投資を行う投信を通じて社会貢献しようとすること自体は悪くないが、より効率のいい投資を行って増えたお金を、自分が直接社会貢献に使うといいのではないかとも思える。
> 普通にお金を増やしたい人は、ESG投資について考える必要はない。
> 幸いにして、その追加的コストはまだひどく高いというほどではないのだが、「投資にESGを持ち込むと高く付く」と覚えておこう。

[36] takkejan 2020/08/06 19:41 LT/6BUU6Srn


> ESG投資を行う投信を通じて社会貢献しようとすること自体は悪くないが、より効率のいい投資を行って増えたお金を、自分が直接社会貢献に使うといいのではないかとも思える。

しかし上記は、すごい皮肉が利いている。笑えるほど。

非常に抑制的な言い方だけど、ストレートに言えば、

「社会貢献したい人がESG投資をするのは、
 頭が悪い」、と言っているわけです。

[37] takkejan 2020/08/08 21:16 LT/6BUU6Srn

熱中症は生活習慣が原因

地球温暖化で熱中症が増えるという話もよく聞くが、これも
間違い。

シンガポールでは、現地人は熱中症にならず、外国人が熱中症に
なるそうだ。
理由は、現地人は水をよく飲む生活習慣が身についているから。
だから、平均気温が上昇するのなら、水を飲む習慣を付ければいいのだ。

何でもかんでも地球温暖化のせいにするのは間違い。
地球が温暖化して豪雨が発生するなら治水対策を強化すればいい。
熱中症が増えるなら水を飲む習慣を付ければいい。
そういうことをやらずして、CO2排出抑制で問題を解決しようとすると、
アホみたいに巨額のお金をどぶに捨てた上に、何ら問題解決にならないという
状況に行きつく。

まさに無能の極み。

[38] takkejan 2020/08/09 09:21 LT/6BUU6Srn

地球温暖化リスクの妄信

K環境大臣の妄信ぶりの一端が以下に記載されていた。

https://news.livedoor.com/article/detail/18707062/

>小泉進次郎環境相に杉村太蔵が直撃! 今なぜレジ袋有料化か
     :
>杉村:確かに、新型コロナウイルスなら全員がステイホームすれば収束する気がしますが、温暖化は1年間車を運転しなくても工場を止めても止められるとは思えません。

>小泉:そこが難しいところなんですが、世界はパリ協定という枠組みの下で、地球の平均気温の上昇を産業革命前の水準と比べて2度以内に抑えよう、できれば頑張って1.5度以内に抑えようという方向で合意をして政策を進めています。「気温が下がらないんだったらやったって意味ないじゃん」とおっしゃるかもしれません。そういう考え方をお持ちのかたであれば、何も行動を起こさないであきめてしまうのかもしれません。でもその結果、計り知れない影響を被るのは我々の次の世代です。行動しないわけにはいかないですよね。

→ 「でもその結果、計り知れない影響を被るのは我々の次の世代です。」というのなら、
どういう影響が出るのか?その証拠をきちんと、損害規模を定量的に提示するべきだ。
計り知れない影響って何?証拠も何もなく、単なる自分勝手な思い込みでしかない。

自分勝手な趣味や妄信で政策立案するというのがまともな政治家のやることなのか?

単に宗教にかぶれているとしか思えない。
政策立案は、もっと科学的にやってもらいたいものだ。

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】