FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 社会・議論

坐禅と動中の工夫

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] カムイ 2021/01/08 21:13 ザ-000,025,339号

坐禅の仕方

一息を離さないようにして念が入る隙を与えないようにします。
しかし、いつのまにか一息から離れて念を追っかけてますので、気がつけば一息に戻ります。
良い念悪い念にかかわらずあらゆる念を切って行きます。
念を追っかけて気持ちよくなってるのは三昧ではありません。
どちらかと言えば意識はしっかりさせている感じです。
ですから寝てはいけません。
次の念、次の念が出る度に前の念が忘れて行きます、そして坐禅が終わったら何も残ってない感じになる事もあります。
また、念が認識出来ない、時折り念が出なくなる事もあります。
これが正念相続です。

坐禅を続けてますと色んな変化、気づきがありますがそれは結果でありそれに踊らされてはいけません。
あくまでも、「息を離さない様にそれに徹して行く」
これだけを一心不乱にやって行く。
これだけに徹していれば自分が望む所に勝手に運んでくれます。

動中の工夫

動中の工夫は坐禅の延長みたいなもので、坐禅の時と同じ様に今度は動きに成り切ります。
何もしてない時は坐禅と同じで息に意識を置き余念の入る隙を与えない。
歩いてる時は息ではなくメインの歩いてる事だけに意識を置き歩くに成り切ります。
ご飯を食べる時はご飯を食べるだけ。
他ごとを考えながら歩いたり食べたりしない。
つまり動作によって余念が入る隙を与えないようにします。
動作はゆっくりと丁寧なほうが良い。
動作に隙を作らない油断しない。
真剣に命がけでする。
今やってる事を一心不乱にやればいい。
自分から目を離さない。
自分はあるのかないのかわからないと言う事実。
風景は確実にあると言う事実。
こうやって余念が入る隙を絶えず与えないようにして行きます。
そうすると四六時中、禅になります。
禅とは単を示す。
これだけをやって行く事が禅です。

菩提心を持ってやって行く、菩提心とは努力、忍耐、求道。

この道は 単を練る他 道は無し
単を練るとは今を離さないように、只、抜かりなくやる。

4件のコメント 1番から4番を表示中

dat viwedatをダウンロード
[1] カムイ 2021/01/08 21:20 ザ-000,025,339号

初めして、よろしくお願いします。

[2] カムイ 2021/01/08 22:30 ザ-000,025,339号

一瞬一瞬決着が付いている。

[3] 地下水 2021/01/11 20:30 MJ/F513ZkYF

座禅は運動不足になるので駄目だな。

[4] カムイ 2021/01/17 14:51 ザ-000,025,339号

俺で長くて一日二時間
それ以外は体動かしてますよ。

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】