FC2 ザ掲示板

カテゴリ
テーマ別トーク >> 社会・議論

宗教と政治の原理主義と現実主義

このエントリーをはてなブックマークに追加

[0] 「人(ひと)事」か「我が事」か 2022/10/17 16:23 kM/qI3Jfgzf

宗教と政治の原理主義と現実主義
――「人(ひと)事」か「我が事」か――
https://imadegawa.exblog.jp/32854713/

政治運動については、
右派であれ左派であれ、
より穏やかなものを好ましいと思う癖が私には有る。

だが宗教については、
仏教であれキリスト教であれ、
原理原則に より忠実な言説に親しみを覚える癖が
私には有る。

私という同じ人間の中で、
相手が政治運動か宗教かで
こうした違いが生まれてしまうのはなぜだろうか。

詰まるところ私にとって、
政治運動は「我が事」で
宗教は「人事(ひとごと)」だから
こう なるのかもしれない。

「我が事」である政治問題においては、
現実を見ずに理想論を振りかざす「無責任」な過激派を
私は嫌う。

しかしながら「人事(ひとごと)」である宗教においては、
原理主義的な方が「筋が通っている」ように見える
(原理主義的な方が『筋は』通りやすいに
 決まっているのだが)。

考えてみれば無責任な話ではあるけれども……。

83件のコメント 72番から72番を表示中

最初から 前の100件 次の100件 全部 最新20件 dat viwedatをダウンロード
[72] 名も無きザビラー@ザ掲示板 2023/11/21 21:21 w5/w8eKnHvl

https://www.youtube.com/watch?v=bLHcs53SP2U
【イスラエル・ハマス戦争状態②】
報道されないパレスチナ問題の歴史|伊藤貫×室伏謙一

>1947年から、イスラエル武装集団(シオニスト、ユダヤ人)はパレスチナ人を
>無差別に殺戮して、英国政府からテロ組織に集団されていた。
>イスラエル武装集団はパレスチナの最初のテロ集団だった。

>このテロで1948年のイスラエルの勝利につながった。
>パレスチナ人所有の土地を78%も取ってイスラエル独立宣言した。
>マーシャル国務長官、国防長官、CIA長官は大反対だった。
>パレスチナ人に対してひど過ぎて、
>今後の米国の中東政策がガタガタになるからとの理由だった。

>しかし1948年の大統領選挙でユダヤ資本の金が欲しい
>トルーマンはイスラエル独立を認めた。

>1967年にイスラエルは戦争起こして残りの22%も占領した。
>それ以来パレスチナ人は22%の土地に閉じ込められた。
>イスラエルは南アのアパルトヘイト政策を取っている。

>レーガン時代中頃からsettlement(入植)との名の下に
>ユダヤ人入植者がwestbankのパレスチナ人の土地に侵入してきて
>westbankの半分以上の土地をユダヤ人に取られている。

>westbankに居るパレスチナ人400万人は残りの土地に住んでいる。
>こういうイスラエル人入植者は重武装しており
>機関銃手榴弾バズーカ砲まで持っていて
>パレスチナ人を農園や住宅から追っ払っている。

もっと新しいコメントがあります。

次へ 最新20件

[ 削除依頼 ]

【コメントをお寄せ下さい。】